職場の監視カメラ

私は整骨院で働いていますが、どうも施術室に監視カメラとマイクがあるようです。なにを思ってつけたのかはわからないのですが、従業員と患者様に了承も無く監視するのは、犯罪に当たらないのですか?
いわとびさん
2012年01月15日 18時05分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
趣味で盗撮をしているのかもしれませんね。

2012年01月15日 18時29分

この投稿は、2012年01月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

【交通事故】接骨院や整骨院の施術費用を保険会社に支払ってもらえる?

交通事故で打撲やしびれなどの症状が出た場合は、病院での治療のほかに、接骨院や整骨院を利用したいと考える人もいるでしょう。交通事故のケガを治す...

【交通事故】整骨院・接骨院の費用も保険会社に請求できる?

交通事故の被害に遭ってケガをした場合、加害者側の保険会社に対して、治療にかかったお金を請求することができます。では、病院だけではなく整骨院に...

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝...

この相談に近い法律相談

  • 軽犯罪法の窃視の罪について

    軽犯罪法1条23号について質問です。 「正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者」とあり、冒頭に「正当な理由がなくて」とついていることから、正当な理由があればこのような場所をひそかに覗き見ても罪にならないということかと思います。 この条文に...

  • 企業コンプライアンス違反の疑いのある業務指示を拒否したらどうなるか

    私はアルバイトなのですが企業コンプライアンスに反する業務指示を受けた場合に業務拒否したらどうなるか教えてください 競技場周辺での街頭宣伝にて ・商品自体は魅力的で宣伝業務自体は不満はない ・ただし手持ちの看板が通行者や競技場警備員から見て非常に邪魔または非常に不安(自治体の迷惑行為条令に違反の疑いが持たれ、実...

  • 女湯の脱衣場に監視カメラがありました。

    銭湯の女湯の脱衣場に監視カメラがありました‼受付に監視カメラがあるという知らせはありませんでした。盗撮の動画が流れていたらどうしようとすごく嫌な気持ちになったのですが、逆に無断で銭湯が脱衣場に監視カメラを設置しているのは違法にはならないのでしょうか?

  • このようなサイト

    http://sunq.jpのサイトなんですけど 風景とかのカメラなら問題ないと思うんですが 店、個人宅などプライバシーのあるカメラを紹介しているのは いかがと思う 犯罪に利用する人もいるだろうし わざわざ不特定多数に公開するのは危険 法律的に問題なくて 閉鎖が無理なら警告だけでもして弁護士さんが監視していると言うことを 管...

  • 従業員の不正について

    従業員の監視の為にカメラを付けました。 リアルでない為確認に行きましたら、設置した翌日より無断で削除していました。 こうゆう行為は犯罪等にはならないのでしょうか? 疚しい事があるから削除する事もわかっています。解雇理由にあたりますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。