懲戒処分の調査で供述内容を変えた際、嘘をつかれてた場合は、虚偽告訴罪に該当しますか?

公開日: 相談日:2021年02月23日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

相談の背景
虚偽告訴罪について、公務員aが行政文書を見て、同僚bの個人情報を手に入れたとして調査を受けている状況のとき、供述を変えて、本当の状況としては、その同僚bの個人的な手帳から同僚bの個人情報を手に入れたといったとします。

その場合、同僚bは、個人的な手帳は所持していたが、その同僚bは、公務員aが行政文書から同僚bの個人情報を手に入れたことにしといた方が、懲戒処分の量定が重いから、嘘をついて、個人的な手帳は持っていませんと懲戒権者に供述した場合、この同僚は、虚偽告訴罪に該当しますか?


刑法172条 虚偽告訴罪
人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、 3月以上10年以下の懲役に処する

質問1
虚偽告訴罪のほか、何か犯罪になるでしょうか?

1001215さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府5位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    虚偽告訴罪について、公務員aが行政文書を見て、同僚bの個人情報を手に入れたとして調査を受けている状況のとき、供述を変えて、本当の状況としては、その同僚bの個人的な手帳から同僚bの個人情報を手に入れたといったとします。

    その場合、同僚bは、個人的な手帳は所持していたが、その同僚bは、公務員aが行政文書から同僚bの個人情報を手に入れたことにしといた方が、懲戒処分の量定が重いから、嘘をついて、個人的な手帳は持っていませんと懲戒権者に供述した場合、この同僚は、虚偽告訴罪に該当しますか?

    該当しないでしょう。

    質問1虚偽告訴罪のほか、何か犯罪になるでしょうか?

    ならないと思われます。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから