弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

信用情報の解決事例

借金残高を調べてみたら、破産せずに済んだ事例

依頼主 30代 女性 相談前 生活費を入れない夫と別れたいが、夫が自分名義で借り入れを行っている。総額がいくらなのかわからない。 相談後 借入先や借入総額を信用情報機関で調べてもらったところ、ほとんど全額が時効消滅しており、自己破産申し立てをする必要がなくなった。 康 由美弁護士からのコメント 借入先の会社が合併などで消滅したり名称変更したりしている場合など、自分の借入先や借入総額がわからない場合には、信用情報機関で自分の「信用情報」の開示を求めることができます。これによって借入先や借入総額が判明します。この件の場合、最後の弁済のころから5年を経過しており、時効消滅したとして債権者が借入額を「0円」にしていました。ただし、信用情報の開示を求めると、借入先にその開示を求めた行為が通知されるようなので、時効が近いかもしれない場合は、そのまましばらく放置しておく判断も必要です。

お気に入りに追加
康 由美
康 由美 弁護士

大阪法律センター法律事務所

【北浜駅から徒歩1分】【当日/夜間/土日対応可】借金が整理されたのちの生活再建の方法...

電話で問い合わせ
050-5286-1875

信用情報に関する解決事例

横山 巖

横山 巖弁護士

所謂「ブラックリスト(信用情報記録)」を削除する!?

 50代の男性から、「破産まではしていないが多重債務を作ってしまったことから、所謂「ブラックリスト」に載せられているので、新しいカードなど作れないし、銀行は勿論信金からも借入が出来ずに困っている。新しい事業を行いたいが、借入が出来ないので資金作りも出来ない。何とかブラックリストから自分の情報を削除して貰えない...

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...