CICの信用情報。免責許可後5年経過も情報の削除をしてくれない。

公開日: 相談日:2018年05月10日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

自己破産の免責決定後のCIC異動情報削除について質問です。

6社から借り入れがあり自己破産をしました。免責決定が平成25年3月で、現在5年経過しました。
先日CICで信用情報を確認したところ、2社の情報が残っており、1社は保有期限の記載がなく成約残しの状態で、もう1社が保有期限が平成34年3月となっていました。
成約残しの状態がクレジットカードで、もう1社はカーディーラーでやっているローン会社です。

その2社に連絡をし、平成25年3月に免責になっていることを話し、情報の削除を依頼したところ、クレジットカード会社は、免責許可決定に遡って情報を訂正し、5年経過したので削除するので、確認書類として免責許可の通知書を送ってください。と言われました。

しかしもう1社のカーディーラーのローン会社に電話をした際、「当社であなたが破産して免責許可が出たことを知ったのが平成29年3月のことなので、そこから5年の保有になるので削除は出来ません」と返答がありました。

免責決定になった際、債権者に通知書は送付されておらず、免責決定になったことを知らなかったみたいです。
破産手続き開始の際の通知書は送付されているとのことでした。免責を知ったのが平成29年と言っていましたが、どうやって知ったのか不明ですが。破産後にカーローンの申し込みはありません。

カーローンの会社に、「2社の情報が残っており、クレジットカード会社の方は免責決定通知書を送ってくれれば削除すると言ってくれたのですが、こちら(カーディーラーのローン会社)でも同じように削除してもらえませんか?」とお願いをしたのですが、他は他、うちはうち。と言われてしまいました。

やはり免責決定通知書があり、5年経過している場合でも、CIC情報の削除はしてもらえないのでしょうか?

CICの全てのネガティブ情報が削除されるまで、免責許可決定から9年かかることになってしまっています。

660115さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    実は、CICは、

    当社で保有するクレジット情報の保有期間は、契約中および契約終了から5年間です。したがいまして、破産の場合は免責許可決定が確認できた会員会社によるコメントが登録された報告日が起算点ということになります。

    とホームページに表記しております
    つまり、業者からの報告時から期間を起算するため、貴殿のように不当な長期に渡る情報残存という問題が生じるケースがあります。

    切り口としては、破産手続開始決定が送付されて、何年も免責が下りないというのは不自然ではないか、きちんと債権管理をしていれば、弁護士に問い合わせる機会もあったのではないか、それにもかかわらず、その怠慢についてこちらが被害を被るのはおかしいのではないか、
    と反論することはできると思います。


    これでも応じない場合、消費生活センターに相談すると明言して、実際相談してみてください。
    こういうケースで消費生活センターを使えるのか私も疑問だったので、ホームページを確認しましたところ、信用情報に関するトラブルでも、困ったら消費生活センターにご相談ください、という表記を確認することができました。

    なので、まずはご自分で交渉、だめなら消費生活センターにご相談ください。

    ご参考までに。

この投稿は、2018年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました