1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 信用情報
  4. 時効援用の主張後について

公開日:

時効援用の主張後について

2017年03月29日
最終取引から8年以上経過した後に
裁判所より訴状が届き、このサイトをはじめとした専門家の方々の意見を参考に
答弁書による時効の援用を主張しました。
数日後、取り下げたとの通知がありましたが、この時点で借金は消滅されたと
思ってよいのでしょうか。それとも何かこちらから再度手続きをする必要はあるのでしょうか。

また、訴状にローンを組んだ際の契約書コピー、取引計算書が添付されていましたが、
そういったものは消滅と同時に返却はなされるものなのでしょうか。
とりあえず取り下げたが契約書が先方にある以上、5年ないし10年後にまた訴訟を
起こされるのではないかと心配で質問させていただきました。

最終的な確認は信用情報機関に開示を試みた方がよいのでしょうか。
取り下げ=消滅時効援用を認めることになるのでしょうか。

どの時点で借金がなくなったかを判断できないのでご教授いただければと
思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
相談者(537608)の相談

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
訴えを取り下げると、裁判が初めからなかったことと同じ状態になります。
従って、あなたの時効援用が適切なものだったかどうか、その他時効中断事由がないかどうかなどについては、一切判断されていない状態です。

時効の援用は、相手にそれが届きさえすれば、裁判所の判断を待つまでもなく効力が生じるが原則ですが、何らかの不備によって援用がされたと評価できないことも(理論上の可能性として)ありえます。
相手が取り下げたことは、事実上時効消滅を認めたといえそうですが、理論的には「取り下げ=消滅時効を認めること」にはなりません。

2017年03月29日 14時38分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
このケースの場合、理論的には上記の弁護士がおっしゃるとおりです。

そのため、時効が完成し、債務が消滅したことを明確にするため、
書面を取り交わした方がいいと思います。

「確認書」などの表題で、
・本件債務は時効完成により消滅した。
・貴殿と業者との間に債権債務は一切ない
という内容を盛り込めばいいと思います。
業者に書面の取り交わしを求めれば、応じてくれると思います。

2017年03月29日 15時27分

この投稿は、2017年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,996名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 時効取得の援用権は消滅時効にかかるのか

    他人の土地の時効取得が完成した後に、何年も放置していると、その時効取得を援用する権利が消滅時効で消滅することはありますか?

  • 確定日付の効率

    借用書に確定日付がついてます。この借用書は強制執行をするにあたり、どのような役割をはたしますか? また、借用書や念書の内容を事実しとして確実に立証することは可能ですか? つまり、借用書や念書の書いている通りに契約がなされるべきと裁判所は判断していただけますか?

  • 消滅時効援用通知後の契約書返還について

    内容証明で消滅時効援用通知書を送付したのですが、援用してから1年数ヶ月経過しても契約書(原本)が手元に戻ってきておりません。時効を援用してから今日までに、裁判や督促、電話などなにも相手側からの行動もなにもありません。 これは、時効が成立したという認識でよろしいですか? また、消滅時効援用しても相手側が債権放棄し...

  • 10年前の境界確認書を有効にするにはどうしたらいいか。

    家を売却する際に必要な『境界確認書』を隣人にもらおうとお願いしたら拒否されました。10年前に交わした確認書があるのですが、書類に『立ち合いの日付が抜けている』『確認書と図面との割り印がない』との理由で不動産から現在の日付で取り付けてほしいといわれましたが、隣人には拒否されました。10年前の確認書を有効にするための...

  • 時効中断と相手方の受領拒否

    相手に金銭を貸しているのですが、あと1週間ほどで10年が経過し、消滅時効期間 が経過してしまいます。 そこで、時効を中断すべく訴えを提起したいのですが、相手方は内容証明の催告を 受け取らすに返送されてきたことからすれば、訴状も受け取らない可能性が高いです。 そこで、以下の2点について質問させていただきます。...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。