弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

信用情報 : 信用情報やブラックリストのお悩み対処法

信用情報

自己破産を考えていますが・・・現在、法テラスに申し込みをする段階なのですが、「法テラスをに申し込み前」又は「裁判所に申し立てする前」に情報機関などに問い合わせをしてからの方がいいでしょうか?この場合、どの情報機関に問い合わせした方がいいでしょうか?「問い合わせをした」と言う事は債権者に分かるのでしょうか?よろしくお願いします。 特に信用情報機関に問い合わせる必要はありません。
法テラスの弁護士に任せておけば問題ありません。
なお、信用情報の問い合わせをしても、債権者にはその情報が伝わることはないでしょう。

tarotoさん
2012年03月24日 22時42分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう

2012年03月24日 23時18分

この投稿は、2012年03月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

この相談に近い法律相談

  • 自己破産後の信用情報機関登録について

    自己破産すると信用情報機関への登録は10年間しないと抹消されないものなのでしょうか?? 婚姻して籍を変えて住所等を変えても残るものなのでしょうか?? 5年から7年で抹消されると聞いた事もあります。

  • 信用情報機関開示の電話番号が分からない

    住宅ローン申請中です。 信用情報機関で1社引っかかっているから、審査を通せないと言われました。 過去に延滞がありましたが、全て完済済です。念のため信用情報機関で開示しようと思い、過去延滞していたカード会社へ電話して、契約の電話番号を聞いてから開示に行きました。が、何も載っていませんでした。 それなので、カード会...

  • 信用情報機関に。現在の状況だけなんでしょうか?

    資料を求めてみたいのですが、現在、任意整理中でもうすぐ支払い終わります。その資料にはどんなことが載っているのでしょうか?現在の状況だけなんでしょうか?

  • 自己破産後の信用情報について

    自己破産の免責がおりてから十年近くがたったので初めて情報開示をしてみました。内容を見てみると免責が下りた業者のはずなのに延滞扱いになっている業者と四年ぐらい前の日付で完済情報が載っている業者がありました。 成約残しと言う言葉を聞きますがよくわからないので弁護士の方へ削除依頼をおねがいしたいのですが料金はどのぐら...

  • 信用情報機関。開示請求はしない方が良いのでしょうか?

    信用情報機関に開示請求をすると、その履歴も残り、住宅ローンが組みにくくなると聞きました。開示請求はしない方が良いのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。