税金滞納 給料差し押さえについて

公開日: 相談日:2018年12月30日
  • 1弁護士
  • 1回答

私、現在、身体障害者6級、単身、50代、男性です、アパート4万円、家無し、動産無し、給料の手取り14万円です、14万円を手渡しで受け取っております、5年程前の税金滞納があり、国税徴収法の給料差し押さえ通知がきました、手取り14万円からどれくらい差し押さえされるのかお教えください、ネットの計算式を見たのですが、よくわからず、弁護士の方からお教え下さいますよう、お願いします。

746183さんの相談

回答タイムライン

  • 榎本 克巳 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    回答させていただきます。
    給料に対する差し押さえは、手取り額の4分の1まで可能で、残4分の3は差し押さえができません。あなたの場合は、3万5000円まで差し押えされると思います。
    これが原則ですが、差し押さえにより、生活が窮状に陥るような場合には、差し押さえ禁止の範囲の拡張(例えば、差し押さえは、8分の1に限るとかです)の申立ての制度(差し押さえ命令を出した裁判所に書面で申し立てる。民事執行法153条)がありますので、ご検討されてください。

この投稿は、2018年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから