大変困っております。それでも父のごく僅かな年金を差し押さえされない法的な方法はありますか?

父は昨年、廃業しました。
現在無職です。
以前、父が行っていた事業は、私が買い取り現在は私が新たに経営しております。
父は銀行から保証協会の保証つきの融資を受けておりましたが、経営が困難となり、返済が出来ず、今年の3月に保証協会より求償権請求裁判を提訴されました。
本来なら父は支払い不能状態なので自己破産をするべきなのですが、祖母の名義の土地の上に父名義の建物があり、その為に自己破産を申し立てるにも管財型自己破産の申し立てに必要な予納金の工面が困難な為に自己破産できない状態です。
8月15日に保証協会から銀行口座の差し押さえがありました。年金受給日に合わせての差し押さえに生活に困窮している 父の生活がとても心配です。現在の父の年金受給額は2千円です。そこで質問ですが、年金は差し押さえできないが、口座に入った後は差し押さえできる事は承知しておりますが、それでも父のごく僅かな年金を差し押さえされない法的な方法はありますか?また管財型自己破産の予納金の対応もあればお教え下さい
珈琲さん
2014年08月20日 06時45分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>それでも父のごく僅かな年金を差し押さえされない法的な方法はありますか?

裁判で負けた後の執行であることから、差押えを逃れる法的な方法は、残念ながら特にありません。

>また管財型自己破産の予納金の対応もあればお教え下さい

とにかく、まずは弁護士に直接相談されることをお勧めします。

予納金も含めて弁護士と相談しながら動くべきと考えます。

着手金については、生活が困窮しているなら法テラスの扶助制度を利用する方法を取って、管財費用に回せるお金を確保していくべきと考えます。

2014年08月20日 06時48分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
自己破産しかないでしょう。
管財がつく場合は20万円~です。

2014年08月20日 06時57分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
管財型自己破産の予納金の対応

20万円程度を分納する手続きも可能でしょう。

破産開始決定が出れば預金差し押さえの効力はなくなります。

年金受取口座を変更するのがよいでしょう。

2014年08月20日 07時29分

大村 真司
大村 真司 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
自己破産について、弁護士に相談することから始めるのが最も現実的だと思います。管財になるかどうか、管財費用をどのように準備するかというのは、地域差もあります(東京では分納が認められるのかもしれませんが、広島では貯まるまで手続きが動かない反面、60万円までは管財になりません)し、お話の内容からは、生活保護を受けるなどの対処も考えられ、その場合には管財費用、弁護士費用の援助が受けられるかもしれません。

なお、年金の差し押さえについては、口座に入っても、あまりに露骨な差し押さえはできないとする判決もあります。あるいはなにか方法があるかもしれませんので、まずは弁護士に相談されてみてください。

2014年08月20日 08時34分

この投稿は、2014年08月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,126名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 保証人の支払い能力

     36年間、自営業していましたが、設備投資の失敗で債務超過になり2009年に自己破産。2012年2月に免責になりました。  事業時、妻が専従者で私の連帯保証人で日本政策金融公庫、保証協会、個人債務の保証人となりました。  私の破産後、上記公的資金の返済を妻名義で少しずつしていました。  個人債務の債権者(...

  • 父の自己破産と、同一屋号のいまの事業について

    宜しくお願いします。 5年前に父が長らく営んでいました商売を経営難から廃業しました。 その当時、父と一緒に仕事をしていましたので、父から仕事に使う資材を時価価値の50万円ほどで買い取り、そのままの店舗屋号、場所で仕事をしておりました。 父が廃業した際には、自己破産等の債務整理は行わず、市場の買掛金は払える際に少額...

  • 17年位前の固定資産税の納税義務

    実家の母に、固定資産税の滞納・督促状が届き、ある日突然貯金を差し置さえられました。 督促状の金額は300万近い額です。 母の状況ですが、17年程前、父の事業失敗・借金で両親は離婚し現在地方で独り暮らし。 当時所有していた土地や預貯金等、全てかき集めても返済が出来ず、結局8年ほど前に自己破産を して今に至りま...

  • お助け下さい

    年金の受け取り口座を差し押さえされました。この口座には年金入金のみ。以前、自営業を営んでおり、その際に保証協会の保証つきの融資を銀行から受けておりましたが、経営困難となり保証協会から求償権請求訴訟を起こされ、今年6月に結審しました。8月15日に金融口座3行と、年金受け取り口座が差し押さえにあいました。年金受給日に差...

  • 破産管財人の守秘義務について

    取引先企業が破産の申し立てをすると代理人弁護士から手紙が届き売掛金が回収できない状況です。 代理人弁護士によると破産管財人がつくから、売掛金について今後はその破産管財人と話をしてくださいとの事です。 破産管財人の守秘義務について教えてください。 債権者の私がする以下の質問に破産管財人は答えてくれるでしょうか?...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。