娘夫婦住宅ローン支払遅延

公開日: 相談日:2019年01月03日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

対応方法教えてください


娘夫婦住宅ローン支払遅延

2世帯居住
親住宅ローンは支払済み
娘夫婦遅延状況
今後の支払い不安のため、売却するか検討中

家は売却すればローンは完済
ただ娘夫婦のローン分を補完しなかければならないため現金が残らない状況
また娘夫婦の夫(義理の息子にあたる)借金も不明のため 行動もしづらい

・義理の息子は根拠はなく支払はするといっている
・売却したのち、アパート住まいになっても父は脚が不自由なため
このまま払いができるならいまの2世帯に住み続ければそれが希望。

方法論がわからないため 相談となります。

共感した 0

747033さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 747033さん

    タッチして回答を見る

    住宅ローン 残り3000万程度
    売却した場合:3600万程度 (簡易査定時)

    600万は折半になってしまう※むすめ夫婦と。

    売却すべきか
    そのままでどう対応すべき
    ぎりの息子は借金不透明かつ現在仕事はしているものの
    2か月遅延を繰り返している状況。

    家族構成
    親;夫婦2人(定年済み)年金のみ
    娘夫婦:夫婦+2人子供(専門+中学)

  • タッチして回答を見る

    1 義理の息子さんの借金が問題だと思いますが,その詳細が分からないとなかなか動きづらいですね。弁護士としても,借金の内容が分からないと助言がしずらい面があります。
    2 ただ,ご家族の構成からすると,自宅を売却した場合,ローンの支払分に近い金額の家賃がかかるということはないでしょうか。2世帯が別々に賃借した場合はもちろん,同居して貸家を借りたとしても,お子様の年齢からすると,それなりに広いお宅が必要ではないでしょうか。専門学校の学費の支出が大変だと思いますが,数年後には卒業し,独立すれば,家計は大きく改善するのかもしれません。自宅の売却は,可能な限り,避けた方がよい場合が多いように思います。
    3 すでに対応済みかとは思いますが,やはり娘夫婦とお話をし,借金の内訳や家計の状況を詳しく聞いてみるとことをお勧めいたします。例えば,こちらの方から,可能な限りの援助をする旨申出し,対話のきっかけを作ってみるのはどうでしょうか。
    4 注意事項としては,借金をしている人は,家族に借金を過少申告する場合があることを胸に留めておくとよいでしょう。借金の一部を隠されると,借金の癖が治らず,結局は,残った借金が膨れ上がり,後に問題が顕在化することが多いのです。



  • 相談者 747033さん

    タッチして回答を見る

    返答ありがとうございます。

    3 すでに対応済みかとは思いますが,やはり娘夫婦とお話をし,借金の内訳や家計の状況を詳しく聞いてみるとことをお勧めいたします。例えば,こちらの方から,可能な限りの援助をする旨申出し,対話のきっかけを作ってみるのはどうでしょうか。

    →こちら再三援助をしてきていて今後は厳しいため
     どういったものを勧告ないし対応するのがベストになるかを模索しております。
     
     義理の息子はしはらっていくといってるものの根拠がなく
     義理の息子の親や兄弟もなにも援助のあてにもならない状況です。
     

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    相談者が求めていることとずれていると申し訳ないのですが,私の方で思ったことを述べさせて頂きます。

    1 お子様の夫婦の住宅ローン以外の債務がどのようなもので,どうして住宅ローンの支払いが滞っているのかが問題ですが,確かに,肝心の本人がお話されないとなると,ご家族としては対応しづらいですね。
    2 お子様の夫婦に,なにか条件や案を提案するためにも,債務や家計の情報があった方がよいと思います。最終的にはやむを得ない場面もあるかとは思いますが,状況が分からないまま,一方的に条件を勧告してしまうと,心が離れてしまうおそれはあると思いました。
    3 対話をはじめるきっかけとして,お子様の夫婦に法律相談を受けるように勧めてみるというのはどうでしょうか。債務者本人も悩んでいてどうしてよいか分からない状況なのかもしれません。相談者本人の了解を得て,ご家族も法律相談に同席することも珍しくありません。私の場合ですと,相談者本人だけではなく,ご家族の方にも事務所に来て頂き,生活再建のためになにが必要であるかを皆で協議し,方針を決定する場合もあります。
    4 ご家族が債務者の借金を心配して法律相談を来ているのに,肝心の本人にその意識がなく,法律相談に行こうとしないケースも珍しくありません。この場合,本人に親しい方が,いかに債務者本人に問題を自覚させ,解決に導いていくかが大切だと思います。

    様々なアプローチがあり得るところかと思いますので,1例として,ご参考頂ければ幸いです。

この投稿は、2019年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから