法人登記の住所貸しについて教えてください。

知り合いが代表者の会社の連帯保証人をしているのですが、知り合いが自己破産することになりました。
ただ会社を存続させるため、代表者を変更し、当方の自宅住所を登記に貸して欲しいといわれました。
自宅は私の個人資産ではなく親のものです。
マンションは会社登記が禁止されており、連絡先は代表者のほうにして郵便物も転送するとのことですが…やはりリスクもあると思うのですが。会社はいま休業届をだしています。
2017年12月01日 02時56分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> 会社を存続させるため、代表者を変更し、当方の自宅住所を登記に貸して欲しいといわれました。
> 自宅は私の個人資産ではなく親のものです。
> マンションは会社登記が禁止されており、連絡先は代表者のほうにして郵便物も転送するとのことですが…やはりリスクもあると思うのですが。会社はいま休業届をだしています。

 営業をしていないなら、問題とされることはないでしょう。親の了解を得て行って構わないでしょう(管理会社に知られないなら)。

2017年12月01日 06時57分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
マンションは会社登記が禁止されており、連絡先は代表者のほうにして郵便物も転送するとのことですが…やはりリスクもあると思うのですが。会社はいま休業届をだしています。

→登記を常にチェックしているとは考えづらいので、登記からバレるというリスクは極めて低いと思います。
郵便物については、本当に転送届けを出したのか、きちんと確認する必要があると思います。

あとは、会社に何かトラブルが起きたら、真っ先に相手方が調べるのは登記であり、貴殿に問い合わせが来る可能性があります。
休業しているようですが、過去のトラブルが判明したり、将来営業を再開した場合には、リスクはあります。

1度応じてしまうと、貴殿が支配株主でなければ本店移転の変更させるのは容易ではありません。

慎重に検討してみてください。

2017年12月01日 07時52分

この投稿は、2017年12月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人の連帯保証人だった場合でも相続放棄をする意味がある?

亡くなった人の借金を相続したくない場合、相続放棄という手続きを行う必要があります。では、亡くなった人の連帯保証人になっている場合でも、相続放...

この相談に近い法律相談

  • 会社の清算

    会社を清算する場合、会社資産をすべて処分して公租公課や債務の返済に充てていくことになります。という回答をいただいたのですが会社の経費で購入した車やバイクは会社資産になるのでしょうか。名義は代表個人名義です。よろしくお願いします。

  • 任意団体(サークル活動)での横領

    私は、任意団体(サークル活動)で、新たに会長になった者です。元会長(会計と兼任)の人に問題があり、会員のほぼ全員の賛成により除名としました。 当初はできるだけ穏便に済ませようと、自ら役職を退くという形で、本人も他の会員も納得しておりました。しかし、その2週間後に突然の翻意により自分が会長だと主張し、残念ですが...

  • 返還請求。こんな時、どのような法的対応がありますか?

    友人の会社に設置する機械のリース契約で連帯保証人になりました。その後、友人の会社は1年程で破産しました。そして、リース会社より連絡があり、買い取れと言われ買い取ってしまいました。よって機械の所有者は自分になったので、その機械を転売しようと破産した会社があった工場へ行くと、すでに違う会社が入っており、その会社も大...

  • 破産申告前での新会社への事業移行の注意点を教えて下さい

    現会社の破産申告前に第二会社(現在は他人が代表者ですが近く私が代表者になる予定) で事業を移行する場合 不利益を招くケースはありますか?デリケートに対処する方法等ありますか?因みに現会社と第二会社との取引は発生しております うっかり第二会社の代表者になって 旧会社の破産処理に絡んでトラブルになるケースが多いと耳...

  • 会社の破産手続きは同時に代表者も破産しなければ出来ませんか?

    私の知人の会社が債務超過に陥り破産を余儀なくされております。代表取締の知人は先輩から会社を譲り受けただけで連帯保証人になっておりません。先輩(元経営者)が連帯保証人になっております。そこで質問なのですが、会社だけを破産させる事は法律上可能でしょうか?また解散できるとして、解散した場合、連帯保証人では無い代表取締...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。