信用保証協会からの通知書について

父が1年前に亡くなり、財産も相続しました。
1年後に、信用保証協会から委託された債権回収会社から、父あてに通知書が届きました。

通知書の内容は「保証協会に対し、貴方様の負担する求償金等の現在の残高は下記のとおりです。ご多忙の折恐縮ですが、求償金等の返済につきご相談したいので、〇月〇日にお越し下さるようお願い致します。」とあり、保証委託契約日は平成10年、代位弁済日は平成14年で、求償金元本約100万円、損害金約250万円、代位弁済金額約200万円です。

父が亡くなったことを債権回収会社は知らなかったようで、今のところ、支払い督促などは来ていません。
以下の3つの対応を考えておりますが、どれが適切でしょうか。

1.時効が成立しているか確認するため、保証協会に対し取引履歴、契約書、支払った履歴などを開示請求する。
2.時効が成立しているかはわからないが、確認のため消滅時効援用通知書を保証協会に送る。

3.延滞金は増えるかもしれないが、保証協会から何か言ってくるまで、様子を見る。

よろしくお願いいたします。
mugiさん
2018年06月18日 16時26分

みんなの回答

中園 達也
中園 達也 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
1年も経ってから請求があり、お困りかと思います。
速やかに対応するとすれば、1・2の両方を同時に行うイメージです。
つまり、援用通知を送ると同時に、その援用通知に、時効の中断等の反論があるのであれば、●月●日までに資料一式送ってください。と通知します。

ゆっくり対応するのであれば、1の手法をとりますね。
ただ、その際に、「開示請求の趣旨は時効援用の調査であり、調査の結果、時効を援用することもあるため、本通知が債務承認等にはあたらない」と通知書に書いておくとよいでしょう。

2018年06月18日 16時55分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> 1.時効が成立しているか確認するため、保証協会に対し取引履歴、契約書、支払った履歴などを開示請求する。
> 2.時効が成立しているかはわからないが、確認のため消滅時効援用通知書を保証協会に送る。

1を送れば、時効完成していない場合には、当然に請求が来ます。
2で、時効援用が成功しなかった場合と同様です。

だとすると、すぐに2を送り、失敗した場合に1の資料を開示してらうという手もありと思います。

ご参考までに。

2018年06月18日 17時58分

この投稿は、2018年06月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。