連帯保証人と相続放棄

公開日: 相談日:2010年01月07日
  • 3弁護士
  • 3回答

元夫の連帯保証人に私と母親がなっています。
金額は返済不可能なものなので、月々ほんの少しの金額を保証協会に返済しています。

私は子供に私が死亡した時に、相続放棄をしてくれ、と言っていますが、もし母が私より先に亡くなったとしたら(母は83歳になります)私や兄弟はやはり相続放棄をしなければならないのでしょうか?

5620さんの相談

回答タイムライン

  • 足立 敬太 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    どうも初めまして。

    お母様が先になくなられた場合、相続人はあなたやあなたのきょうだい、要するに子になります。(民法887条1項)

    従いましてあなたのきょうだいは相続放棄しないと連帯保証債務を負うことになります。

    ただ、あなたは既に連帯保証債務を負っているため、相続放棄しなかったからといって、負担が増えるということはありません。
    そういう意味では相続放棄してもしなくても同じです。

    なおきょうだいはご健在でしょうか。仮に子(あなたにとっておい、姪、母にとって孫)がいる場合で、きょうだいが先に亡くなられている場合、代襲相続によりその子、(つまりあなたにとっての甥姪)が相続人に含まれますので相続放棄が必要になります。
    ご注意ください。

  • タッチして回答を見る

    連帯保証人になっておられない兄弟の方々につきましては,
    相続放棄をされる方が良いでしょう。

    あなたについては,連帯保証人になっているとのことですので,
    最終的な支払額に差はありません。

    しかしながら,あなた名義の不動産があり
    自分の土地・建物を売却して返済をするような場合には,
    税法上のメリットがありますので相続放棄をするべきです。

  • タッチして回答を見る

    既に他の弁護士が回答しており,そのとおりですが,若干補足させて頂きます。
    お母様のお子様(又はお孫様,さらにそのお子様など)が放棄したとします。
    その場合,お母様のご両親が相続人となります。また,ご両親が既にお亡くなりであれば(又は相続放棄をした場合は),お母様のご兄弟が,ご兄弟が既にお亡くなりの場合はそのお子様までが相続人になります。
    ですので,相続放棄をするのであれば,これら全員が順次放棄するのが妥当です。連絡が取れる方がいるのであれば,事情を説明し,相続放棄を取るよう勧めるのがよいと思います。
    なお,相続放棄をするとプラス財産も相続できなくなりますから,事前にお母様の資産内容についてキチンと調査するのがよいと思います。資産内容検討に時間がかかる場合は,家庭裁判所で熟慮期間の延長という手続をしてください。

この投稿は、2010年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す