過去、亡くなった父のマンションの連帯保証人を外すには。

公開日: 相談日:2017年05月12日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

過去、父が不動産会社を経営しており、会社と個人で賃貸マンションを数棟持っていました。
父が亡くなった際、会社の跡取りは僕がなるという話だった為、会社の所有分と個人の分(母が相続)共に銀行より「跡取り息子に連帯保証人になってほしい」という事で連帯保証人になりました。
当時、銀行も僕が跡取りだという事を知っていたので連帯保証人になってくれ。と名指しで選ばれ、僕自身も跡取りとして当然、承諾しました。
しかし会社は別の兄弟が継ぎ、母名義だったマンションも別の兄弟が相続する事になりそうです。

銀行からは連帯保証人を外す事は難しいと言われています。
当時と話や状況が変わっている中、僕は銀行の承諾がない限り、連帯保証人から外す事は難しいのでしょうか?

兄弟所有の物に対して僕は永遠、連帯保証人になり続けないといけないのでしょうか?

549620さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    法人が借り入れる場合、中小法人の場合は、代表者が保証人になることが多いので、質問者様だけでなく、お父様も保証人になっていたのではないでしょうか。
    お父様が保証人であることは、相続人が相続するので、兄弟でお父様が保証人であることを相続してるとすると、他の兄弟に保証人になってもらうだけでは、必ずしも銀行が首を縦に振らない可能性がありますが、お父様の義務を相続した分については相続人間での分割責任になるので、兄弟の誰かが分割分だけでなく、全部に責任がある保証人になってくれるなら質問者様の保証人をはずしてくれる可能性もあります。
    なので、他の兄弟と銀行との三者交渉をする必要があります。

この投稿は、2017年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから