1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 肩代わり
  4. 連帯保証人
  5. 会社役員の刑事責任について

公開日:

会社役員の刑事責任について

2016年08月24日
1. 日系米人が日本で会社設立(2007)。
2. その会社を利用して日本の小証券会社買収(2008)。
3. その証券会社の資金と別に他の投資家から集めた借入金(shunmoの貸付金含ー此の証券会社が保
  証)をオフショア銀行に送金。
4. 日系米人は日本から逃亡(2010。)
5. 小証券会社倒産(2010)。
6. 破産管財の裁判米国で損害賠償で和解(US$165,000).
7. shunmoの貸付金未回収。
8.質問;日系米人がお一切の処理をせず逃亡しているので、かいしゃ役員の1.善管義務違反、
     2.法令遵守違反、3.日本で設立した会社に入金された借入金の一部を本人がニンの銀行
     に開いている勘定に私的に入金使っている(一億以上)ので貸付人(債権者)に損害を与え
     た理由で、矢張り取締役の責任と義務違反、
     4.shunmoの貸付金の保証人が小証券会社なので、その会社の資金を取り込んで倒産に
     追い込んだことは、shunmoに保証の利益を滅失させた理由で、会社法上の損害賠償責任
     を追求出来ないか、この場合の事項は10年と理解していますが、

以上、可能であれば民事ではなく刑事で訴追ができれば(役員の刑事罰ー背任と債権者に損害をあたえた)と考えていますが、如何でしょうか。
宜しくご指導願いいたします

しゅんも
相談者(479456)の相談

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6
ありがとう
可能性はあるでしょう。


> 1. 日系米人が日本で会社設立(2007)。
> 2. その会社を利用して日本の小証券会社買収(2008)。
> 3. その証券会社の資金と別に他の投資家から集めた借入金(shunmoの貸付金含ー此の証券会社が保
>   証)をオフショア銀行に送金。
> 4. 日系米人は日本から逃亡(2010。)
> 5. 小証券会社倒産(2010)。
> 6. 破産管財の裁判米国で損害賠償で和解(US$165,000).
> 7. shunmoの貸付金未回収。
> 8.質問;日系米人がお一切の処理をせず逃亡しているので、かいしゃ役員の1.善管義務違反、
>      2.法令遵守違反、3.日本で設立した会社に入金された借入金の一部を本人がニンの銀行
>      に開いている勘定に私的に入金使っている(一億以上)ので貸付人(債権者)に損害を与え
>      た理由で、矢張り取締役の責任と義務違反、
>      4.shunmoの貸付金の保証人が小証券会社なので、その会社の資金を取り込んで倒産に
>      追い込んだことは、shunmoに保証の利益を滅失させた理由で、会社法上の損害賠償責任
>      を追求出来ないか、この場合の事項は10年と理解していますが、
>
> 以上、可能であれば民事ではなく刑事で訴追ができれば(役員の刑事罰ー背任と債権者に損害をあたえた)と考えていますが、如何でしょうか。
> 宜しくご指導願いいたします
>
> しゅんも
>

2016年08月31日 22時48分

この投稿は、2016年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,506名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • [会社の倒産の際の責任問題について]

    A:私 B:委任した代表取締役 c:友達 4年前会社を設立(1000万円以下)した際に 55%の支分で会社を共同設立をし、専門家であるBを代表取締役にして(持ち株:30%)、AとCは取締役にすることで設立しました。 業績の悪さなどでBが会社名義で借金(2000万円)をし、その担保はBの個人持ちのマンションにしました。 AとCと...

  • 相続!共同被告から外れたい!!

    【概要】 原告(相続人A)が、40年以上に渡り自己占有していた土地の登記変更手続き(時効取得)を求めて、相続人BCDEFを共同被告にし、訴訟を提起 ※当方(被告BとC)は、原告の時効取得につき、争う点もなく、訴訟前段階より登記変更についても承諾し、原告代理人に対し、その意思を告げていたが、被告Eが原告の時効取得を認めないとのこ...

  • 【犯罪被害】猫の殺害に伴う刑事告訴と、損害賠償について

    【事象】 地域猫を複数殺害されるという事案が発生しており、警察に相談するも 動物愛護法だけだと本腰になれないこと、犯行の証拠不十分であることから実質的に捜査してくれていません。 被害届の提出/告訴をすることで警察に動いてもらいため、下記の相談をさせてください。 【前提事項】 ・一度、猫を殺害しようとしている現...

  • 夫 : 有責配偶者と妻 : 暴行罪の今後の離婚交渉について

    私が夫、不貞行為での有責配偶者です。 妻と離婚に進むため、協議離婚を2人の間で進めていましたが、条件面で折り合わずヒートアップしてしまい、ついには妻から暴行を受け、妻が暴行罪で現行犯逮捕されました。現在拘留中です。 この間に私は転居を進めますが、転居先、そして不貞相手の住所を妻は既に知っています。 ・安全第...

  • 雇用変更について。

    1.貴殿の手取り報酬を増やす為。 2.経費削減。 3.現状正社員規定に満たない為。 4.改めて、業績回復し、再度正社員を目指して貰いたい為 なお、上記内容は、3月1日までさかのぼり査定致します。 というメールが3月の半ばにきて代表から来ました。 雇用体型を正社員から契約社員に、そして社会保険の取消は上記の項目で簡単に...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。