1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 肩代わり
  4. 連帯保証人
  5. 保証人として、債権者に対する対抗方針について

公開日:

保証人として、債権者に対する対抗方針について

2014年06月12日
以下のようなケースで、自身は「連帯保証人」ではなく、「保証人」として催告の抗弁権や検索の抗弁権を主張することができるでしょうか?あるいは、保証契約自体の無効を訴えることができますか?

・共通の知人同士の個人間の金銭消費貸借契約に際し、債務者Aから口頭の依頼で保証人になってほしい旨依頼される(よくある、「迷惑はかけないから」というものです)
・金銭消費貸借契約書の末尾に「保証人」とだけ記載された欄に記名・捺印(自署です)
・金銭消費貸借契約書には、債務保証に関する条項や連帯保証に関する特約事項の記載もない。しかも、当時(2011年)はそもそも連帯保証人の義務(いつでも債権者から督促されることなど)に関して恥ずかしながら知らず、仮に債権者Bから返せと言われたら、債務者Aに先に言ってよと抗弁できると思っていた。
・債権者である知人Bと直接に保証契約内容に関する合意はしていない(債務者Aから渡された契約書に署名捺印したのみ)。
・1年ほど前に債権者Bから貸金の返済が滞っているため、代位弁済してほしい旨の連絡あり。ただし、その際には、債務者Aに督促や訴訟を起こし、強制執行手続きをするなどきちんとした手続きをするように伝えた。
・その後、債権者は特段のアクションを起こすことなく、通常の取り立てを債務者Aに対して継続
・ここ数ヶ月間で再度返済が滞りはじめ、BはAに対して、「保証人に請求するけどそれでよいのか」という口上で督促を続けている(メールにCCで入れられています)
・ちなみに、債務者Aは私からも借金があり、調停と裁判で債務名義を取って返済を継続中。既に期限の利益は逸しているので強制執行も検討中(勤務先は確認済みです)

様々な情報を調べていく中で、保証人と連帯保証人の違いや、保証契約の文書化の必要性、催告・検索の抗弁などについて理解できるようになってきたところです。

場合によっては、本当に債権者Bから代位弁済を求められかねない状況ですので、その際にどのような対抗手段があるかを考えたく、まずはご相談させていただいている次第です。
相談者(259218)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
実際にはその契約書の内容を詳しく見てみたいところですが,連帯の文字がないようですから,通常の保証人と考えられますね。
そうすると検索催告の抗弁は使えそうです。
ただ,保証人としてあるところにサインをしているようですから,保証人としての責任はやむを得ないかもしれませんね。

2014年06月12日 03時17分

この投稿は、2014年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人の連帯保証人だった場合でも相続放棄をする意味がある?

亡くなった人の借金を相続したくない場合、相続放棄という手続きを行う必要があります。では、亡くなった人の連帯保証人になっている場合でも、相続放...

従業員の身元保証人が契約途中で身元保証を辞める方法

会社従業員の身元保証人を引き受けたものの、本人と疎遠になった…。このような場合に身元保証人を辞めたいと考える人もいるでしょう。契約で定めた有効...

会社の従業員の身元保証人になるとどんな責任や義務を負うのか

知り合いの就職が決まって身元保証人を頼まれたとき、引き受けてよいのか悩む方もいるでしょう。この記事では、身元保証人になったとき、どのような責...

この相談に近い法律相談

  • 連帯保証人 保証債務和解書の効力について

    ある事情で連帯保証人になり、先日債務者死亡により債権回収会社から残債務と遅滞損害金の一括請求をうけました。債務者は死亡するまで、債務を分割支払いしており(保証会社に送付依頼した債権回収明細書にてその履歴を確認済み)、私自身は連帯保証締結後、債務者からの文書による「以降この債務に対し一切迷惑はかけない」という約束...

  • 連帯保証人が返済した場合

    さっそくですが、債権者と主債務者、連帯保証人がいるときに、主債務者が返済不可能となった場合、債権者から連帯保証人へ督促し、連帯保証人がその全額を債権者に返済した。 上記の場合、債権者から主債務者に対して、連帯保証人から全額の弁済を受けたといった書面の通知というものはなされないものでしょうか。 債権者はこの場合...

  • 債務者の個人再生と連帯保証人の代位弁済

    賃貸借契約の終了に伴う原状回復費用及び遅延損害金の弁済を請求したところ、一括返済が不能のため 分割弁済にすることで合意し、債務者の親を連帯保証人とし債務承認弁済契約を公正証書と致しました。 60回分割の内4回は弁済があったものの、その後弁済が滞り1年以上が経過いたします。 その間、何度か催告書を送付したのですが...

  • 債務弁済契約書につきまして。。

    こちら側は債権者になります。 債権金額7,500,00円に対する債務弁済契約書で、連帯保証人も立ててもらうことになりました。 その場合、債権者・債務者・連帯保証人で3通作成して連帯保証人も一通保有するのでしょうか? また、印紙は必要でしょうか?(必要な場合、印紙代金も教えて下さい) 印紙が必要な場合、3通共に必要でしょう...

  • 連帯保証人が解除される場合

    過日、不動産を任意売却し残債の返済について状況が変わりました。それに伴い疑問が発生しましたので債務整理にお詳しい先生、ご回答のほどよろしくお願いします。 まず、時系列に事情を説明いたしますと、返済不能となった住宅ローンの借入先金融機関および保証会社と相談の上、不動産の任意売却をすることとなり、順番に借入金融機...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。