口座差し押さえについて

公開日: 相談日:2012年08月23日
  • 2弁護士
  • 5回答

こんばんは。教えて下さい。夫が契約したリース契約の保証人になり、リース料の滞納で裁判所に申し立てをされ、分割返済で和解しました。その時、こちらが提示した月の支払い額が受け入れられず、裁判になると困るので、相手の提示した金額を受け入れる事になりました。しかし、支払いが困難で、滞ってしまった為に、裁判所から、口座の差し押さえ通知が届きました。
私は、通知に記載されている金融機関に口座を持っていません。
差し押さえは、1度しか、実行できないのでしょうか?それとも、別の金融機関や給与の差し押さえを、改めて実行されるのでしょうか?
お恥ずかしいのですが、夫婦共に預貯金はなく、口座を差し押さえられても、弁済金額は、満たしません。私の給与を差し押さえられると、その日の暮らしにも困る状態です。長文になりすみませんがよろしくお願いします。

136208さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    差し押さえは空振りすることがあります(残額些少又は口座該当なし)。
    しかし、回収できるまで何回でも出来ます。
    (和解調書はあなたと夫の両方が連帯債務者として記載されているのですかね?)
    金額が記載されていないので、最終判断はできませんが、返済不能ならば、破産の申立を行うべきかと思います。
    他にも手続きが考えられますので、最寄りの弁護士会の債務整理法律相談をお受けください。

  • 相談者 136208さん

    タッチして回答を見る

    早速ご回答頂きありがとうございます。
    本当に無知で、お恥ずかしいのですが、口座の差し押さえをされた状態で、相手に分割で返済を続ける事ができるのでしょうか?
    また、通知に、「本命令送達時までに既に発生した利息債権」とあるのですが、どういう意味なのでしょうか?
    因みに弁済額は、執行費用含め、125万弱です。
    和解の際は、私と夫が債権者となっています。

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    口座を押さえられていても交渉次第で分割弁済の和解は可能です。業者も費用をかけて成功するかどうかわからない強制執行を繰り返すより、分割弁済に応じたほうが経済的であるにきまっています。弁護士に依頼して和解交渉されたほうがよいでしょう。なお、利息債権は、確定判決に書かれている元金に対し、所定のパーセンテージで発生する利息債権のことです。支払が遅れれば遅れた期間に応じて発生し続けるものです。

  • 相談者 136208さん

    タッチして回答を見る

    本当に何度も、申し訳ありません。
    もう少し教えて下さい。
    口座の差し押さえは、差し押さえ命令に記載されている日付時点の預金のみが、差し押さえられるのでしょうか?それともその日以降、弁済額に達する迄、入金された金額が全て、差し押さえられるのでしょうか?今後も、分割で返済していきたい場合、弁護士さんに依頼し、和解するしかないのでしょうか?
    今は、弁護士費用を捻出する事ができません。
    仮に、自己破産をした場合、職場にもその事がわかってしまうのでしょうか?

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    口座は差押命令が銀行に送達した時点の残高のみが差押の対象となるだけです。交渉事ですから長い目でみれば弁護士に依頼したほうがよいです。法テラスを利用すれば弁護士費用を捻出できないという心配はいらないでしょう。絶対にないとは言い切れませんが、破産をしても職場には知られる可能性は低いと思います。

  • 相談者 136208さん

    タッチして回答を見る

    夜遅くに、何度もありがとうございます。
    一度、然るべきところに、相談してみようと思います。できることなら、自己破産は避けたいのですが…
    借金があるとはいえ、一定の収入がある場合でも、法テラスは利用できるのでしょうか?
    前回の、和解の際調べた時、利用できなかった様に記憶しています。
    こうなってしまうと、自分で手続きを進めるのは難しいでしょうか?
    弁護士さん以外で、司法書士さんでも、手続きはできますか?
    その場合、費用に差があるのでしょうか?
    本当に、何もわからず、質問ばかりすみません。

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    法テラスは家計全体で収入要件がありますので、それを満たさないと援助を受けられません。要件を満たすかどうかは法テラスに問い合わせてください。
    自己破産を自分で進めることは可能ですが、手間暇を考えると弁護士に依頼したほうが格段によいと思います。もっとも管轄裁判所によっても東京のように9割以上が弁護士が代理人になっているところもあれば、本人申立てが多い裁判所までありますので、予め調べておいたほうがよいでしょう。司法書士も取扱いますが費用はあまり変わらないと思います。

  • 相談者 136208さん

    タッチして回答を見る

    本当に、いろいろとありがとうございました。

    とにかく一度、弁護士さんに相談してみます

この投稿は、2012年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから