弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

時効の解決事例

法人の破産も個人と同時に行えます。

  • 自己破産

依頼主 60代 男性 相談前 今から数年程前に法人を経営していましたが事実上倒産しました。破産手続きをとることなくそのままにしていたのですが突然訴えを提起され混乱してしまいました。 相談後 当時の会社の資料などをあつめ個人と同時に自己破産手続きを採ってもらいました。気持ちも落ち着きました。 馬場 亨二弁護士からのコメント 特定の会社は時効が完成しないように裁判などを行っています。事実上放置していても時効が中断していますので法的整理を行った方がよいと思います。

お気に入りに追加
馬場 亨二
馬場 亨二 弁護士

馬場亨二法律事務所

債務整理については多くの経験を有しています。経験を生かしたスピーディな対応と納得の...

電話で問い合わせ
050-5285-5236

メールで問い合わせ

時効に関する解決事例

天野 広太郎

天野 広太郎弁護士

完済後に過払い金調査をしたところ、100万円以上の過払い金が回収できたケース

大手の消費者金融から借金をしては返済することを繰り返し、2年前に完済したという会社員の方からご相談いただきました。ご依頼いただいた後、相手方の消費者金融に受任通知を送り、まずは債権調査票を出してもらい、引き直し計算をしたところ、100万円以上の過払い金があるという事実が判明しました。粘り強く示談交渉を行った結...

小林 聖詞

小林 聖詞弁護士

父親の借金を相続した事案

裁判所から請求金額1500万円の訴状が送られてきたと相談がありました。原告は債権回収会社で,請求の内容は,亡くなった相談者の父親の借金を相談者が相続したことを理由とするものでした。父親の死後すでに2年が経過していたので相続放棄はできず,また,消滅時効を援用することもできない事案でした。受任後,訴外で(裁判所を...

大久保 さやか

大久保 さやか弁護士

合計300万円の借金が時効によって消滅したケース

消費者金融5社から、合計300万円の借金があり、自己破産をするしかないとのご相談。最終返済日から5年以上経過しており、債権は時効消滅しているケースであった。そのため、各消費者金融に対して、内容証明郵便を送付して、借金は時効によって消滅しているので、今後請求しないように等を伝えた。その後、各消費者金融から、契約...

小森 祐輔

小森 祐輔弁護士

消費者金融への借金が返済できなくなり相談に来られたが、過払い金が発生していることが分かり借金もなくなった事例

複数の消費者金融との間で長年にわたり借り入れと返済を繰り返しておられました。当初は、月々の返済が苦しいとのことで相談に来られました。これまでの取引履歴を調査したところ、多額の過払い金が発生しており、借金の金額よりも過払い金を請求できる金額のほうが多いことが分かりました。過払い金を回収し、借金もなくなりました。...

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...