弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

時効の解決事例

判決を取られたものの時効により債務を免れることができました。

依頼主 20代 男性 相談前 10年以上前に借りて返済を全くしていなかった借金について、最近になって突然裁判を起こされ、答弁書を提出したものの、すぐに敗訴判決が出てしまいました。判決が出てすぐに、どうしたらよいでしょうかとご相談を頂きました。 相談後 最後に返済してから5年以上経過しているため時効期間が経過していますが、答弁書において借金が存在することを認めるような記載をご相談者様がしているとのことでした。ご相談に来られた時点で既に控訴期間ギリギリでしたので、直ちに控訴を提起しました。もっとも、時効完成後に債務の承認をすると消滅時効の主張ができなくなります。しかし、ご相談者様は裁判所に提出した答弁書の控えを保管していなかったため、まず裁判所に答弁書の謄写を請求し、答弁書の記載内容を確認しました。その結果、確かに債務の存在を認めるような記述はありましたが、法的に債務の承認といえるかは十分に争う余地があると判断し、控訴審で争い、逆転勝訴判決を取ることができました。 高橋 幸一弁護士からのコメント このご相談者様のように、過去に借りて返済せずに全く請求もなかったのに突然裁判を起こされるということが最近増えています。消滅時効により返済する義務を免れることができる場合であっても訴訟を提起してくる業者もおりますので、まずは弁護士に相談してほしいと思います。

お気に入りに追加
高橋 幸一
高橋 幸一 弁護士

東京不二法律事務所

【相談料無料】【休日・当日・夜間21時まで対応】借金・債務整理分野の相談は無料です。...

電話で問い合わせ
050-5861-8819

メールで問い合わせ

時効に関する解決事例

田村 由起

田村 由起弁護士

【時効援用】支払督促が届いたことから弁護士に相談。時効援用で解決。

Iさんは、15年ほど前に消費者金融から約50万円借り入れ、5年程借入・返済をしていましたが、失業してしまったため支払えなくなってしまいました。支払えなくなってからも特に消費者金融から催促の連絡がなかったことからそのままにしていたIさんですが、忘れたころになって、債権回収会社から支払督促を起こされ、裁判所から書...

天野 広太郎

天野 広太郎弁護士

完済後に過払い金調査をしたところ、100万円以上の過払い金が回収できたケース

大手の消費者金融から借金をしては返済することを繰り返し、2年前に完済したという会社員の方からご相談いただきました。ご依頼いただいた後、相手方の消費者金融に受任通知を送り、まずは債権調査票を出してもらい、引き直し計算をしたところ、100万円以上の過払い金があるという事実が判明しました。粘り強く示談交渉を行った結...

飛鳥井 雅崇

飛鳥井 雅崇弁護士

【過払請求】徹底した訴訟戦術で過払金の利息もすべて回収した事案

よくテレビのCMやラジオで過払金なんていう単語が飛び交っていますが、まさか自分に過払金が発生しているとは思ってもみませんでした。念のため飛鳥井先生に相談してみたところ、以前使っていたカードから業者を特定して頂き、取引履歴を請求して、引き直し計算をしてもらいました。引直計算をしたところ約400万円の過払金が発生し...

馬場 亨二

馬場 亨二弁護士

法人の破産も個人と同時に行えます。

今から数年程前に法人を経営していましたが事実上倒産しました。破産手続きをとることなくそのままにしていたのですが突然訴えを提起され混乱してしまいました。当時の会社の資料などをあつめ個人と同時に自己破産手続きを採ってもらいました。気持ちも落ち着きました。特定の会社は時効が完成しないように裁判などを行っています。事...

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...