時効援用後に先方から内容証明

時効援用後に先方から内容証明が送付されて来ました。
内容を確認すると平成15年9月に裁判を起こし勝訴しているで
消滅時効は援用できないと書いてありました。(時効中断?)
そこで質問ですが、
このままの状態で10年間(時効援用)平成25年まで放置していた方が
いいのでしょうか?(勝訴といっても、この8年間先方から
債務残高の知らせが送られてくるだけです。)
その間、裁判所からの通達はあったと思いますが、数年不在状態だった為に、確認はしていません。

それとも、今回の配達証明受取を起算日として時効援用するための10年間が始まるのでしょうか?
また、今後早急に何か手を打たなければならないのでしょうか?

拙文ですがよろしくお願い致します
2011年11月05日 18時54分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
前回の裁判の判決の確定の日から時効が進行します。このまま10年経過すれば時効が成立します。
何も手を打たない方がよろしいでしょう

2011年11月05日 20時26分

相談者
早速のご返事ありがとうございます。
参考になりました。

また質問があるのですが、先方に時効援用を申し出た事で
あらたに今回の負債の件で裁判等(事項中断の為)を起こされることはあるのでしょうか?
因みに先方は公的機関です。

よろしくお願いします。

2011年11月05日 20時47分

弁護士B
ありがとう
勝訴判決が出ているので、対応せずに放置すれば強制執行してくるでしょう。

2011年11月05日 23時18分

相談者
早速のご返事ありがとうございます。
(勝訴判決が出ているので、対応せずに放置すれば強制執行してくるでしょう。)
という事ですが、平成15年に判決が出てから強制執行はされていません。
ということは、弁護士Aさんがおっしゃるように、
このまま何も行動を起こさない方がいいのでしょうか?

また、前回の質問ですが、この件について先方はどのような行動を起こしてくる可能性があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

2011年11月06日 02時20分

弁護士A
ありがとう
5年間も放置しているのですから、何もしないでしょうね。

2011年11月11日 10時51分

相談者
ご返事ありがとうございます。
〉5年間も放置しているのですから、何もしないでしょうね。
時効まで、後、1年〜2年ですので何も起こらない事を願います。

また、先方からの内容証明では、今後も請求を続けると書いてありましたが
これは、請求だけは続けるが、裁判は起こさない。と推測できるでしょうか?(可能性として)

また、[請求を続ける]と先方が意思表示を示した事で、
時効中断の亊由にあたるのでしょうか?

よろしくお願いします。

2011年11月14日 20時36分

弁護士A
ありがとう
請求しただけでは時効の中断の効果はありません。それから6カ月以内に訴訟を起こさなければ、中断にはなりません。

2011年11月21日 09時35分

この投稿は、2011年11月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 民事の時効と、提訴期限について

    民事の時効と、提訴期限について、質問します。 2月14日が時効(不法行為3年)の訴訟物があったとします。 この場合、 ・2月14日の受付印を裁判所でおしてもらった訴状があれば、時効を過ぎていないという扱いになるのでしょうか。 ・または、受付印がおされても、訴状に訂正の必要な箇所を裁判所から指摘されて、訂正が済んだのが2...

  • 送達が送られてこなくても、時効の中断になるのでしょうか?

    15年以上前に代位弁済された件で、時効援用の内容証明を送ったのですが、相手側から「不動産に対しH14年付けで裁判所の仮差押決定を受け、時効は完成しておりません」とありました。 たとえ確定判決でも時効は10年なので、この債務に関しては時効を迎えたと思っていたのですが、これは時効ではなかったのでこの様な通知を送ってき...

  • 商法522条の時効

    時効は何年ですか、時効前に内容証明を出してあれば時効の日は伸びるのですか。

  • 教えて下さい。答弁書に時効の事を書き、出せば良いのですか?

    今日ロプロのやつで簡易裁判所からで来たのですが、平成19年3月23日が最終返済日、最終弁済日となっており、その日が過ぎたので時効の援用で出す予定だったのですが、訴状がきました。答弁書に時効の事を書き、出せば良いのですか?。訴状に裁判所の、受付印は無く、申し立て年月日に平成24年3月29日と書いてあります。もう5年経っている...

  • 債権の消滅時効の期間と手続きについて

    債権の消滅時効の期間と手続きについて 先日内容証明で消滅時効の援用通知を債権回収会社へ送付しました。 そうしましたら、 本件の代位弁済日は2017年7月31日であり、時効は成立しておりません。 という文面が返送されて来ました。 これは、今年の7月31日に時効が成立するから、それ以降に再度援用の通知書を送れば良いと言...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。