消滅時効を援用する旨、内容証明を出しました。契約書は?

先に消滅時効を援用する旨、業者へ内容証明を送付しました。
時効中断事由があるなら書面で回答するよう書き加えましたが
業者から特段アクションはありません。

さて、仮に消滅時効が完成したと仮定した場合
契約書は通常、業者から返送されるものなのでしょうか?
それともこちらから返送の要求をするのか
または、返送そのものがおこなわれないのか?

この点、ご教授頂けると幸いです。

と、申しますのも
本件は元の債権者が他業者へ債権を譲渡したようで
少なくとも3年は業者からも音沙汰がない状況が
続いていましたが先に突然、見知らぬ業者から
債権譲受通知が届きました。
元の債権者を「A」とすると「B」を経由して
「C」へ」渡り、C業者から普通郵便にて通知がありました。
その中にはAからBへ譲渡した内容の書面と
BからCへ譲渡した内容の書面2通が同封されており
BからCへ譲渡した内容の書面に
A業者と私が交わした契約書の原本のコピーや
譲渡、譲受時に交わしたと
思われる契約書のコピーが添付されていました。
これを見て当方は「架空請求ではない」と判断しました。
明らかに5年間経過しており特に時効中断に該当する
アクションを業者も当方も起こしておりません。
なお、B業者もC業者もサービサーではなく
B業者は過去に業務停止を受けているようです。
2011年10月29日 17時54分

みんなの回答

中村 憲昭
中村 憲昭 弁護士
ありがとう
契約関係が終了すれば,当然書類もかえせ,と言いたいところですが,消滅時効の場合,当方の一方的な意思表示で効果が発生するものの,相手方としてはそれをすんなり認めるとは思えません。
事実上,業者が訴訟を提起しても勝てないと分かっていたとしても,任意に文書を返してくるか(つまり,請求権が消滅したことを認めて書類の返還に任意に応じるか)は,微妙ではないかと思われます。
今後,相手方が訴訟提起など法的手続を講じた場合に,今回送付した内容証明を証拠に,消滅時効を訴えるしかないと思います。

2011年10月29日 18時23分

相談者
対処方法は理解できました。
ありがとうございます。

今回、こういう質問をしましたのは
本件の債権が複数の業者に譲渡されていたからです。
その事実を先に書きましたCの業者の通知で知りました。

契約書が手元に戻っていないと
当方が消滅時効を援用して消滅時効が完成していても
債権をまた他業者へ譲渡される可能性がないのかを
心配しています。
回答いただきました中村先生の内容から
「業者がすんなり認めるとは思えません」
というように
業者が認めなければ債権は譲渡される可能性が
あると解釈もできるからです。

調べた限りでは時効を迎えた債権などを集めて
回収している業者のようですので
裁判を起こしてくる可能性は低いと考えています。

なお、当方が「明らかに5年以上経過している」
という根拠は結婚して5年であり
それより1年以上前から支払いをしていないからです。
住民票などは転居の度に移動させて
当時からの携帯電話の番号も生きており
当時の住所に対して郵便などの転送もかけていました。
そして、今もかけています。
裁判所からの通知などもきていません。

2011年10月30日 02時20分

中村 憲昭
中村 憲昭 弁護士
ありがとう
今後も心配ですね。
まず,相手方が訴訟を起こしてくることはないと思いますが(費用倒れに終わるため),粘り強く,時効の主張と書類返還の申入れをするほかないように思います。

2011年10月31日 12時06分

相談者
中村先生
再度の回答ありがとうございます。

今回はこちらから消滅時効を主張しましたので
少し時間を置いて様子見をした後に
業者へ書類の返還を要求してみる事にします。

もし、応じないようであれば
債務が消滅時効の援用で存在しない旨の
確認通知のようなものを新たに内容証明で
業者宛てに送付するのも有効な手段でしょうか?
その通知の中に書類の返還を求める旨
書いておくと良いのだろうと考えております。
こういう時は
こちらが業者に対して何を主張して何を要求したのか
全て書面で証拠を残す事が肝心だと思っております。

時効の完成は、まず間違いはないでしょうから
この後は債権のたらいまわしを防ぐため
書類をどう回収するか
よく、考えてアクションを起こしていく事にいたします。

2011年10月31日 12時38分

この投稿は、2011年10月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 債権譲渡通知が紛失している債権の対処について

    A(原債権者)→B(譲受人兼譲渡人)→C(譲受人)の流れの債権ですが,CがBより譲り受けた債権の一部にA・Bの譲渡時の債務者宛の譲渡通知が含まれていない債権がありました。請求をしなければ良いだけの事は理解しておりますので,請求をする場合どのように対処すれば宜しいでしょうか? 1)Aは既に清算会社であるため,再度の譲渡通知...

  • ビジネス契約書(売買契約)に債権譲渡禁止特約は必要(有効)か?

    弊社では標準契約書を用意しており、お客様との売買契約締結の際には当該契約書を使用していただくようお願いしています。 ところが今回、お客様より、「債権譲渡禁止特約」をつけて欲しいとの申し入れがありました。 特約を付けることはやぶさかではないのですが、私としては徒に契約書の条項を増やしたくないと考えています。 ま...

  • 債権譲渡について

    当社の取引先A社(販売先)が先日倒産しました。ただ、去年の4月に債権譲渡登記を済ませておりましたので、倒産した翌日に第三債務者に対し債権譲渡通知を内容証明で送付しました。しかし聞くところによると、倒産前後に送付した債権譲渡通知は詐害行為に該当するらしいですが、本当でしょうか。また、登記をした債権譲渡通知も、そうでな...

  • 債権譲受人からの譲渡通知について

     債権譲受人(サービサー)からの譲渡通知と請求書が 届きました。  でも、譲受した日が3年以上前の日付であり、 通知は元の債権者の代理でしていると書かれて ありますが、元の債権者から代理権が 与えられたとの証明書とかは付いていません。 そんな昔の譲受通知をいま送ってくるのも変ですし、 代理権の証明もないです...

  • 内容証明の書き方

    お世話になります。 先日譲渡されたとする債権回収会社から譲受債権請求事件の訴状が届き、 答弁書にて譲渡の事実確認ができていない事、そして消滅時効の援用を主張したところ、裁判前日記載の取下書が送られてきました。 今後を考え不安なので内容証明を送るよう考えましたが資金がないため、インターネットで検索をしたりして...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。