消費者金融時効後のcicデータについて

公開日: 相談日:2018年07月26日
  • 1弁護士
  • 1回答

先日消費者金融の時効の援用を弁護士の先生にお願いをしました。
cicのクレジット情報にて質問です。
記載されいるのが右側の《貸金業法の登録内容》のみなんです。
そこには36.残高○○円、39.カードローン、40.貸付日、41.貸付額、45.元本利息の5箇所に記載があります。
保有期限は書いておりません。
色々調べてみると消費者金融に時効の援用をするとクレジット情報がすぐ消えるパターンと消えないパターンがあると見ました。
記載によって違いがあるのでしょうか?
また自分の記載だと1ヶ月程で消えるパターンなのでしょうか?
違いを知りたいです。
お詳しい先生宜しくお願いします。

688572さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    タッチして回答を見る

    > 記載によって違いがあるのでしょうか?

    ここは弁護士にはよくわかりません。

    消費者金融側でも信用情報の担当部署しかわからないと思います。
    というのも、信用情報について問い合わせても、和解交渉の担当者の場合、人によって言ってることがコロコロ変わることがよくありますので。

    ただ、一般論として申し上げることができるのは、消費者金融会社によっては時効援用したら、すぐに情報を消してくれる場合があるという印象があるという点です。
    特に、キャッシングだけなら、すぐに消えるパターンと十分に期待できる可能性があると思います。

    あとは、祈りましょう。

    ご参考までに。

この投稿は、2018年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから