消滅時効の援用について

消滅時効の援用をする場合、万が一消滅時効完成前であった場合は消滅時効の援用した行為は債務の承認にあたってしまうんでしょうか?
色々調べたのですが承認にあたると言う意見が有ったり承認にはあたらないと言う意見が有りはっきりしません。
専門家の方のご意見をお伺い出来れば幸いです。
宜しくお願い致します。
okakuwaさん
2010年02月15日 15時24分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
承認は、権利の存在を知っていることを表示するもので、たとえば、利息を支払ったとか、支払猶予を申し出たなどの場合です。

消滅時効の援用は、債権が存在しないことを前提とするものですからこれをもって時効中断たる承認には当たらないと考えます。

2010年02月15日 15時49分

この投稿は、2010年02月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続】故人の財産や借金、遺言の有無を調べる手段【弁護士Q&A】

相続の手続きを進めることになったとき、まずは、どのような財産があるのか、亡くなった人が遺言を残していないかを調べる必要があります。これらの調...

この相談に近い法律相談

  • 自筆の遺言の検認についてです。

    ①自筆の遺言書が複数ある場合、全ての遺言書に検認が必要なのでしょうか。 ②(先日ご相談させて頂いたような)署名欄が「母」としか記載されてなかったり、日付けの記載が無かったり、といった理由で無効と思われる遺言でも検認はしておくべきなのでしょうか。無効と思われる遺言についても検認をしないことで何か問題や不都合が発生す...

  • 時効の援用方法について

    時効の援用が適用されるのであれば、相続の放棄はしなくても良いと考えています。 ですが、時効が成立したかどうかは、相手が裁判を起こしている場合や、代位弁済、 他の連帯保証人による返済により、期間がリセットされている可能性もあります。 取引履歴を開示してもらっただけでは、時効が成立するかどうかは判断できない もの...

  • 未成年者の認知 承諾者

    父親から「自分の子です」と認知をする際に、成年になっている場合では本人の、胎児の場合では母親の承諾が必要ということになっていますが、 生まれてから成人になるまで未成年の間では認知をするのに承諾者は必要ないのですか? もし、父親である可能性がある人物が複数いて、全員が自分の子としたいと言った時は認知は早い...

  • 時効の援用をすると債権承認したことになりますか?

    時効の援用をしたことにより、債権承認の証拠として扱われ、何もかも振り出しに戻ると言う事でしょうか?

  • 遺言書の検認についての質問です。

    相続人は妻(後妻) 子 です。 子に宛てた遺言書が手元にあります。捺印がないことから無効と言われ、検認に手続きはしていません。 (検認というシステムがあることを知りませんでした。) 内容は、再婚前の不動産は 子にというものです。 先日後妻から、後妻に宛てた遺言書の検認の呼び出しが家庭裁判所よりあり行ってきまし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。