譲受債権請求裁判において時効の起算日はいつが起点になるのでしょうか

お世話になります。以前、下記の「譲受債権請求裁判の対応について」でご相談させていただいたものです。
https://www.bengo4.com/c_6/b_637434/

今回のご相談内容は、時効の起算日はいつが起点になるのかということです。

三回目の期日呼出状で原告の反論が届きました。原告の主張は
1.代位弁済日が時効の起算点である。
2.貸付債務でも、勧告書記載の延滞金支払日が時効の起算点である。

こちらで取引履歴を取り寄せたところ、25年1月10日が最後に返済した日でありました。
この訴状の申し立て日が30年1月11日なのですが、この場合、消滅時効は援用できないのでしょうか。


2018年04月10日 14時08分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
元債権者は保証会社ということですね。そうすると求償債権を取得したのが代位弁済日ですから、求償債権については代位弁済日から時効期間が進行を始めることになります。代位によって取得した元債権が時効にかかって求償債権だけが残ることはありえます。
なお、時効完成直前い裁判外で催告があると時効完成が催告後半年となりますので、その点も確認する必要があるかと思います。



2018年04月10日 14時55分

相談者
早々にご回答ありがとうございました。元々銀行の借り入れでしたが、現在は債権回収会社からの訴訟になっております。
勧告書の日付けからは、半年以上たっております。
銀行への最終取引日が25年1月10日なので30年1月10日で5年経過にはならないということでしょうか。

度々のご相談ですみませんが、ご回答y路しくお願いいたします。



2018年04月10日 15時24分

好川 久治
好川 久治 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
最終取引日が平成25年1月10日ですと、3か月程度で代位弁済となって保証会社に債権が移転していると思います。保証会社が代位弁済した場合、保証会社は、債務者との間の保証委託契約書に基づく求償債権を取得すると同時に、原債権者である銀行の貸金債権も取得することになります。これが法定代位というものです。代位によって取得した銀行の債権は、最終取引日から5年で時効が完成しますので、提訴前半年以内に催告書が届いていなければ時効を援用すれば原債権は時効消滅します。これに対し、保証会社が代位弁済によって求償債権を取得したのは、最終取引日より後でしょうから、未だ時効が完成していない段階で提訴したことになると思います。

2018年04月10日 15時32分

この投稿は、2018年04月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 消滅時効と推定する債権の訴訟答弁について

    債権回収会社原告の貸金訴訟訴状を簡裁から受け取りました。 こちらの状況は下記で、訴状に記載ある事項はその旨書き加えました。 答弁書で消滅時効を主張したいのですが、成立するでしょうか? 2件あります。 状況 ーーー 1.銀行ローンが元債権で、滞納開始したのがH22年4月7日   保証会社が代位弁済したのが3ヶ月後のH22...

  • 仮執行宣言付き支払い督促正本 で確定してから丁度10年で 譲受債権請求事件の呼び出し状が届いた場合。

    譲受債権請求事件で裁判所からの29年12月20日付きで 訴状を 私の受け取ったのが 30年の1月6日でした。 すぐに 答弁書として 消滅時効の援用を申し立てたところ 平成19年12月26日に 取得した仮執行宣言付き支払い督促正本の写し 及び 確定証明の写し で消滅時効が未完成であると主張されてきました。 この場合私は 丁度10年前の裁判の...

  • 時効の援用は可能ですか?

    先生方にご質問です。どうぞよろしくお願い申し上げます。 9月25日付で本日「債権存在確認請求事件」という事件名で訴状が来ました。 中には当事者目録、請求の趣旨とともに10年前の平成17年8月付の「支払督促」と書かれたものも一緒に入っておりました。 そこでお伺いしたいのですが、この「支払督促」の判決が出てから10年が経過...

  • 時効援用したが、中断事由の書類がきた

    裁判所を通じ債権回収会社から支払督促が来ました。最終支払日より5年以上が経過していましたので(最終支払日、平成22年5月)時効の援用をしますといった書面を送付しました。後日債権回収会社から、時効中断のお知らせと書類が届き時効中断事由、最終入金日から10年経過していない、平成19年 調停に代わる決定とありました。 こういっ...

  • リース料請求事件の裁判について

    自動車リース料請求事件の被告です。弁護士をお願いする資力がない為自分で書類を提出していました。年明けに判決が下るそうなのですが不安で仕方が有りません。概要を説明します。 最終支払い日がH17年10月25日で、訴状記載の残債務が約310万。 連帯保証人Bが居り、最終支払い日以降「自分が何とかする」と請負い全ての連絡等Bが主に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。