弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

時効の援用 : 時効の援用:手続き方法などお悩み対処法

不貞慰謝料の時効と債務の存在の承認について

妻が不倫相手の奥さんから、弁護士を通じて150万円の慰謝料請求を受けております。
時効の成立の主張、もしくは減額の方向で交渉を検討しております。
お忙しいところ恐縮ですが、下記状況を踏まえてアドバイス頂けましたら幸いです。

・不倫期間は2012年4月-12月の8ヶ月間。
・同期間中、行為は4-5回。
・不倫当時、相手は35歳、婚姻期間は3年、3歳の子供が1人。
・妻は当時25歳独身。
・同じ部署の先輩と後輩で婚姻関係は把握していた。

今年の5月末、不倫相手の奥さんから妻と私宛に、Facebookのメッセンジャーを
通じてそれぞれメールがありました。内容としては、5年前から不倫に気がつき、
苦しみ続けていること。証拠も保管している。(証拠はメールのやりとりのみと思われる)
心身ともに傷つき、精神疾患となり病院に通院していること。直接会って謝罪して欲しい
こと、またそれに応じない場合は、私の会社に連絡を行い、裁判を起こすというものでした。

内容もさることながら、素直にお詫びをしたいという気持ちから、直接お詫びすること
を決め、7月末に会う約束を致しました。先方との待ち合わせ場所に向かったところ、
弁護士事務所であり、先方の弁護士を交えての話しあいとなりました。


先方の弁護士からは、不倫相手の奥さんが相手を妻と把握したのは平成29年1月
からであり、消滅時効は経過していないこと。(平成29年1月にご主人が改めて
不倫を認める告白をしたようです)
また、仮に経過していたとしても、7月の話し合いの際に不貞行為を認めており、
債務の存在を承認していることから、消滅時効の援用を主張することは出来ない
と言われております。

質問事項
①債務の存在の承認について、話を持ち帰ること=債務の承認と見なされてしまうのでしょうか?
 慰謝料の話が出た際、妻からは現在個人として貯金がないこと、働いていないことから支払いは
 難しい為、持ち帰らせて欲しいと伝えております。

②最終的にご主人が不倫を認めたのは平成29年1月ですが、5年前の時点でご主人と妻とのメールを
 見ており、不倫相手の奥様は名前を把握しております。その場合、起点となるのはどちらなので
 しょうか。


①債務の存在の承認について、話を持ち帰ること=債務の承認と見なされてしまうのでしょうか?
 慰謝料の話が出た際、妻からは現在個人として貯金がないこと、働いていないことから支払いは難しい為、持ち帰らせて欲しいと伝えております。

単に話を持ち帰るというだけなら債務の承認とはいえませんが、話の中で支払う義務を認めているなら、承認と判断される可能性が高いでしょう。

②最終的にご主人が不倫を認めたのは平成29年1月ですが、5年前の時点でご主人と妻とのメールを見ており、不倫相手の奥様は名前を把握しております。その場合、起点となるのはどちらなのでしょうか。

5年前の時点で不貞行為とあなたの妻の名前を把握できたといえるのかが問題になるでしょうね。
把握できたのなら、5年前が起点となる可能性が相当程度あります。

b4_7628さん
2017年09月12日 02時10分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう

2017年09月12日 07時05分

この投稿は、2017年09月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不倫の消滅時効援用について

    3年ほど前に不倫をし、相手がたの夫に慰謝料を請求されています。 相手がたの請求がとても払える金額ではなかった為、分割かつ減額してもらえるよう何度か行政書士等に書面で頼んでますが、中々折り合いがつかず今に至ります。 相手がたは主に電話で請求してきますが、2年ほど前に弁護士を通して家に内容証明で慰謝料の請求をしてき...

  • 時効の援用について。それは、債務の承認になってしまいますか?

    クレジットカードの残債があり、 最後に支払ってから今までずっとなんの請求もなく、5年たちました。 つい最近突然弁護士からハガキがきて電話すると、その5年前の残債のクレジットカードの件でした。 5年前の残債の件はわかっていますか?と言われたので、正直に、はい。と答えてしまいました。そして、これから残債を払う意志あり...

  • 消滅時効の援用。これは本当でしょうか?

    消滅時効が完成しているものと思って援用したところ、まだ時効完成前だった場合、その時効の援用は「債務の承認」にあたり、時効が中断してしまうと某サイトで言っている人がいます。これは本当でしょうか? 現在、時効が完成しているかどうかの調査をすすめている段階で、最終的には弁護士さんに相談しようかと思っていますが、上記の...

  • 消滅時効の援用について

    消滅時効の援用をする場合、万が一消滅時効完成前であった場合は消滅時効の援用した行為は債務の承認にあたってしまうんでしょうか? 色々調べたのですが承認にあたると言う意見が有ったり承認にはあたらないと言う意見が有りはっきりしません。 専門家の方のご意見をお伺い出来れば幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 消滅時効援用の通知について

    消滅時効援用の答弁書を裁判所に提出してのですが これだけでは時効は成立しないのでしょうか? 原告側にも通知をしなくてはならないのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。