裁判における消滅時効の援用

消滅時効の援用をして裁判中です。
原告は時効の中断事由はないようなのですが、被告が司法書士介入によりその機会を奪われたと主張しており、13年間何もせず放置していたことに対して『信義則違反』であり、被告の消滅時効の援用は許されないとの反論がありました。この原告の主張で時効の援用を阻止出来るものなのでしょうか?
またこの主張に対してどうのような反論が必要なのでしょうか?
taputapuさん
2015年10月17日 09時29分

みんなの回答

青木 亮祐
青木 亮祐 弁護士
弁護士が同意3
ありがとう
消費者金融からの借り入れでしょうか?司法書士や弁護士が債務整理として介入したとしても、金融機関側としては裁判等を提起する機会は阻まれていませんので、「信義則違反」には該当しないと判断されるのが通常だと思います。

2015年10月17日 10時47分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
この原告の主張で時効の援用を阻止出来るものなのでしょうか?
またこの主張に対してどうのような反論が必要なのでしょうか?

司法書士が介入しても、訴訟を提起、差し押さえはできること
専門家である司法書士の落ち度を、専門家に任せただけのあなたの落ち度として考慮すべきでないこと

があるでしょう。

2015年10月17日 11時11分

taputapu さん (質問者)
裁判も終盤に入ったものと思うのですが、原告からの反論が『信義則違反』の一点に絞り込まれました。実際は消滅時効の援用を答弁書で陳述してからそれに対する反論がこの『信義則違反』を繰り返すばかりで当方としては同じ抗弁(信義則違反に該当しない旨)を続けているだけです。直近の裁判でも同様な主張をしてくるため、これを諦めさせることが出来る優れた反論はないものでしょうか?また時効の中断事由がないことのみでは難しいものなのでしょうか?

2015年10月24日 14時18分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
これを諦めさせることが出来る優れた反論はないものでしょうか?

中身のない主張や繰り返しになればそのうち裁判官が終了させるでしょう。

また時効の中断事由がないことのみでは難しいものなのでしょうか?

いいえ。ただ事案次第ではありますが。

2015年10月24日 16時16分

この投稿は、2015年10月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不法行為の時効の起算点について

    現在、専属管轄に関する規定に違反したこと(民訴312条2項3号)を理由として上告中です。 弁護士(代理人)が控訴裁判所を間違えたことに起因していますので、不法行為によって弁護士費用の返還を求める場合、時効の起算点はいつでしょうか。 ①(法の不知は許さず説) 代理人が控訴状を提出したことを知った日(弁護士がこの日か...

  • 民事での「和解条項案」の作成及び提出の部数。被告である相手方への送付の必要性。

    本人民事訴訟です。金銭は伴いません。裁判官より次回期日に和解の方向との指示がありました。 原告としては「和解条項案」のようなものを提出しようと思います。飽くまでも「案」であって変更の可能性もありますが民事部への提出だけで良いのでしょうか。相手方へは「副本」として「正本」と併せて二通が必要でしょうか。原告の意向の...

  • 提訴後の原告法人の解散・休眠について

    法人が民事訴訟を提訴し,その後係争中に原告法人が解散,もしくは休眠した場合,その裁判は継続されますか。

  • 民事訴訟で相手に情報を開示させる方法

     民事事件の被告になりました。目的は金銭債権数百万円で、原告は大きな組織です。訴訟前の直接の交渉歴等のデータを原告が持っており、これを全て開示させたいのです。そのためには、民事訴訟法または慣習上、どのような方法がありますでしょうか。  現時点では、強制力を伴わない簡易な方法で、原告または裁判所に求めたいと思っ...

  • 民事訴訟について相談

    民事訴訟について相談です。 1.訴状・期日呼出状が送付されると思うのですが、その中に「答弁書」の書類は   入っているのでしょうか?また、裁判所のサイトを見ると、訴えの相手方(被告)へ   というのが、あるのですが(被告人が裁判が裁判を受けるための注意事項等が記載さ   れている)、このような物も同封されて居るの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。