先日、消滅時効の援用をしたのですが。

突然の質問失礼します。
先日、債権回収会社から訴訟を起されました。
答弁書にて「消滅時効の援用」を主張したところ、簡易裁判所より訴え取下による「取下書」が送付されてきました。
後日、債権回収会社から「極度借入基本契約書」も届きました。
原本(収入印紙あり)で間違いないのですが、この場合は消滅時効の援用が成立して請求の放棄と考えて良いのでしょうか?
異議申立書により「請求を棄却」の申し立ては不要でしょうか?
ごろねこさん
2014年03月17日 19時58分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
基本となる契約書の返還がなされている場合は、相手方が時効援用を認めたということになりますので、特段の対応は不要であると思います。

2014年03月17日 20時01分

中谷 寛也
中谷 寛也 弁護士
ありがとう
訴えが取下げになったということは、もう裁判ははじめから提起しなかったのと同じことになりますから、特段「請求を棄却する」ことを求める必要はありません。
消滅時効を素直に認めてくれて良かったですね。

2014年03月17日 20時03分

渡邉 元尋
渡邉 元尋 弁護士
ありがとう
法的には、取り下げと放棄はまったく性質が異なり、
その効果も違います。
一番の違いは、取り下げは再び同じ訴訟が出来るのに対し、
放棄は、請求棄却と同じで、二度と同じ訴訟は出来ません。
そのため、応訴の利益を確保するために、取り下げには
相手方の同意が必要となります。

ただ本件の場合には、相手方から契約書原本が送られてきており、
これ以上続行しても勝てる見込みなしと判断しているものと思われ、
取り下げに同意しても事実上は、再度の訴訟は考えられない事案
だと思われますので、取り下げ同意しても良いと思われます。

ただ法的には上述したとおりですので、ご心配であれば、
請求棄却を求めておかれるのが宜しいかと思います。

2014年03月17日 20時07分

ごろねこ さん (質問者)
お答え頂いた弁護士の皆様ありがとうございました。
事実上ですが「消滅時効の援用」が認められた事になるので安心しました。
今回は「同意書」を送らずに2週間経過するのを待ちます。
ありがとうございました。

2014年03月19日 08時42分

弁護士A
ありがとう
なお、相手方の行為は、貸金業法の

(債権証書の返還)
第22条  貸金業者は、貸付けの契約に基づく債権についてその全部の弁済を受けた場合において当該債権の証書を有するときは、遅滞なく、これをその弁済をした者に返還しなければならない。

に基づくものと考えられます。

2014年03月19日 09時35分

この投稿は、2014年03月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 請求の拡張申立書!

    請求の拡張申立書の書き方! 地裁、簡易に別れたいた請求を 簡易の方を請求の拡張申立書出して「地裁の分」増額し 地裁を取り下げ 請求の拡張申立書した方を再度地裁に挙げてもらうのですが。 請求の拡張申立書の書き方の見本、注意事項ありましたらお願いします! また証拠などは、借用書の添付でよろしいんですよね。 「拡張...

  • 不動産の仮差押の申立てについて

    不動産の仮差押えの申立を行う予定です。 この場合、申立書等を裁判所へ提出する際、 ①疎明資料やその他の添付書類は、申立書と一緒に綴じるものなのでしょうか? ②また、別紙の「当事者目録」「物件目録」「請求債権目録」は、申立書と一緒に綴じますでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 訴訟費用を直接請求する場合について教えて下さい。

    訴訟費用の請求について教えて下さい。 先日、離婚訴訟を起こされ、判決が出ました。 私は勝訴し、判決文には訴訟費用は原告の負担とする。とありました。 私は被告側で、本人訴訟です。 遠方の為本人尋問以外は電話会議に出ていたのですが、その分の日当、本人訴訟の日当、交通費、書類作成費用、郵券代を訴訟費用として請求した...

  • 訴訟にて、元金回収後の訴訟費用の請求の可否

    売掛金請求の訴訟を提起していたところ、弁論期日前に元金と遅延損害金のみの支払いがありました。訴訟費用も回収したいのですが、この場合はどういう減縮申立をすればよいでしょうか。訴訟費用のみの判決を求めれば良いのでしょうか。

  • 『訴状修正申立書』と『訴え変更申立書』を提出すれば良いのですか?

    本人訴訟中です。訴状の請求額の証拠(領収書)を提出するのを忘れてしまい。今から提出したいのですが、訴状には『(甲 号証)と記載していないので、訴状修正申立書に記載し提出すれば良いのですか? 請求額も増額したいのですが、訴え変更申立てを提出し、『訴状修正申立書』と『訴え変更申立書』を提出すれば良いのですか? 教...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。