裁判等で仮執行されている 時効の援用

公開日: 相談日:2022年05月13日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
裁判になり10年以上たっています時効の援用をしようとおもい 法務局に自分の家の謄本を取りにいくと 土地と 自宅に抵当件がついているものがあり 弁護士さんに相談したら 時効は中断しているのではないかと言われました このまま ほったらかしても いいのか いろいろかんがえてます
住宅金融公庫が あり当時は仮執行したが どうにもどきなかったのか
そうぞうします
自分もだらしなく思いますが
なにか手だてはあるのでしょうか

【質問1】
裁判で仮執行されていて 10年以上経過している 借入きんは 時効の援用は むずかしいのでしょうか

1143652さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    一般論としては抵当権の登記がなされていたとしても、抵当権によって担保されている債権が時効消滅する余地は、あります。

    「仮執行」という言葉と抵当権がついているということの関係がよく分かりませんが、訴訟によって確定した債権についても、確定後10年以上経過しているのであれば、時効により消滅している可能性はあると思います。

    精確な判断をするには、判決文や登記簿などを直接拝見する必要があります。
    既に弁護士にはご相談済みとのことですが、重要なことですのでその弁護士に今一度よくお聞きいただくか、他の弁護士にも念のためご相談されることをお勧めいたします。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから