時効の援用について。現在の状況で援用は可能なんでしょうか?

公開日: 相談日:2010年05月13日
  • 2弁護士
  • 2回答

3月28日に福岡簡易裁判所より口頭弁論期日呼び出し状が届きました。
訴状によると原告はパル債権株式会社とあります。
契約日は平成11年10月20日で最後の返済をしたのが平成14年10月3日です。レイクからパルへの債権譲渡日は平成19年5月31日債権譲渡通知日が平成21年12月9日、
相手側が言ってる期限の利益の喪失日が平成19年5月31日とあります。
ネットで色々調べましたが時効の援用というのがあり、できることならば援用したいと考えております。現在の状況で援用は可能なんでしょうか?。
わかる方どうぞ教えていただきたいです、よろしくお願いします。

11300さんの相談

回答タイムライン

  • 足立 敬太 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    あなたが記載された質問内容を見る限り、確かに商事債権の時効(5年)が成立しているようです。

    答弁書でその旨記載して提出すれば援用として十分です。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    1質問内容から分かる情報だけでは,消滅時効の援用が可能です。

    2ただ,期限の利益喪失日が平成19年5月31日である理由によっては,消滅時効が完成していない可能性があります。
    もちろん,パル債権回収が特に合理的根拠もなく,期限の利益喪失日を主張している可能性が高いとは思います。

    3パル債権回収株式会社の訴状等を持参して弁護士会,法律事務所へ法律相談してください。

この投稿は、2010年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す