前回裁判時と住所が変わった場合、連続性、同一人物であることをどうやって証明する?

公開日: 相談日:2021年06月03日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
(「訴訟全般」というカテゴリがないのでとりあえずここに投稿しました)

昔、ある民事裁判に臨みました
その時、私は個人事業主として仕事をしていたので、個人事業主用のレンタルオフィスを借りており、裁判はその住所で臨みました
また、裁判所に提示した証拠類に訴訟相手との契約書がありましたが、そこにもレンタルオフィスの住所を記載しており、裁判所へ提出した住所と一致しているので疑われなかったのかもしれません

 少なくとも私は当該裁判において、一度も免許証や保険証などの身分証明書の提示を求められたり、その他、裁判所に届け出た住所が実在する住所であるか? そこに居住しているか? 郵便物を受け取れるのか? といった確認は求められませんでした

この訴訟はすでに昔に終わっているのですが、今般、その訴訟の続きをする羽目になりました
しかし当時と実在の居住住所が変わっており、また当時のレンタルオフィスの契約書も見つかりません、当時のレンタルオフィス会社は倒産したので契約書のコピーを発行してもらうこともできません

前の訴訟が実住所で臨んだなら、住民票の転出、転入記録を見せれば同一人物であることが証明できますが、レンタルオフィスの住所ですので、連続性や同一性が証明できません

同一人物を証明できることは
当時と今とで姓名が変化ないこと(運転免許証)
前回の判決文原本を所持していること
ぐらいです

【質問1】
果たして、免許証と判決原本だけで前回訴訟と同一人物であることを
証明し、新しい訴訟に臨めるでしょうか?

1032217さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから