消費者金融からの借金時効になるのか?和解契約額払えば完済になるのか?

以前に消費者金融に借金をし返済できず定期的に封書が届いてましたが放置してた所、3年前ぐらいに消費者金融会社から電話があり「返済したいと思ってるがお金が無くて返せない」と伝えたがそのまま返済できずにいたら、先日和解契約額が書いた書面が送られてきました。最終貸付日が2009年と記載されており、5年以上は返済してません。

そこで先生方に2つ質問がございます。

1、このような場合でも時効が成立することはあるのでしょうか?
2、和解契約額を支払いすれば、借金は完済となるのでしょうか?
mymmさん
2016年07月13日 21時59分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
「返済したいと思ってるがお金が無くて返せない」という発言は、一般的には債務を承認したことになりますので、3年前に時効が中断していることになります。もちろん、業者が電話を録音していて債務の承認を主張してきたらの話です。時効援用通知を出したときに、業者がどのような反応を示すかはわかりませんが、やってみる価値はあると思います。
なお、業者が録音をとっていて時効の中断を主張し、時効を主張できない場合は、そのまま更に時効の完成を待つか、和解提案額を支払って終わりにするかです。元金以下なら応じる価値はあります。和解提案額を支払う前には必ず合意書を交わして、残金が残らないようにする必要があります。

2016年07月13日 22時03分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
1、このような場合でも時効が成立することはあるのでしょうか?

3年前の発言が時効中断の可能性がないではありませんが、5年以上経っているのであれば、時効援用を検討されてもよいと思います。

2、和解契約額を支払いすれば、借金は完済となるのでしょうか?

むしろそのような内容で和解契約を締結すべきだと思います。

2016年07月14日 03時34分

この投稿は、2016年07月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

借金がある元配偶者が死亡…子どもに返済義務を負わせないためには

離婚をした元配偶者が亡くなったという知らせを受け、さらに多額の借金があることがわかったーー。このような場合、配偶者との間に生まれた子どもが借...

この相談に近い法律相談

  • 個人間で締結した金銭消費貸借契約について契約上の不備はなくとも早期一括返済を求めることは可能か?

    個人間の金銭消費貸借契約についての質問です。 2012年に友人と会社を設立する際に、その友人に会社設立資金である出資金300万を用立てました。 理由としては、共同経営をすることになっておりましたので、そうい関係性で信用・信頼が担保されると考えたからです。 金額が大きかったので、一応簡単な金銭消費貸借契約書を締結し...

  • 過払い金

    過払い金返還請求についてご質問いたします。十数年前に消費者金融と限度額50万円で新規契約しました。一年も経たないうちに限度額いっぱいまで借り入れてしまい、その後は返済しては借入の繰り返しとなり、しばらくの間は利息だけを返済する状態が続きました。その折、消費者金融からの申し出により限度額を200万円まで引き上げました...

  • 会社からお金を借りたのですが突然法外とも思える契約書に捺印をさせられました

    昨年末に会社の社長に相談して、 18万にお金を借りました。 使途は、滞納している税金の支払いです。 当時、支払い期限も設けず、 返せる時に返済してくれて良いと言われました。 代表との人間関係が悪くなり、ある日突然、 金銭貸借の契約書に、捺印提出を求められました。 金額は、元金から増額し20万になり、 給与から...

  • 契約書の返金について。これって、返金してもらえないですか?

    私はあるコーチングを受けていたのを私の一方的な理由により解除することのなり返金してもらおうとしたのですが、返金してもらえません。 契約書には「私が契約を私の理由により解除するときは(相手)は以下の払い戻しを私に行う」と書いてあり、私は30万払ったのですが、「契約開始から30日以内 25万円」と書いてありました。 契約か...

  • 貸付金について

    知人(以下A氏とする)に、事業のためのつなぎ融資として、1か月後に返済するので1000万円を貸してほしいと言われました。 そこで、貸付金の10%を金利として別途支払うこと、担保としてA氏の所有する土地の名義変更手続きに必要な書類を用意すること(書類は後日郵送する)、返済期日に返済できない場合は、超過期日に対し法定金利...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。