借金返済しないで10年経過しました、消滅時効について。



  借金を一切返済しないで、しかも連絡もとらないまま10年が経過しました、この機会に信用情報機関(銀行系、信販系、サラ金系3社)に自分の情報の照会をしてみました、借金の額が少なくなっているのです?これはどういうことですか?
 たしか借金は10年経過しその条件を満たせば時効が成立すると聞いたことがあります、債権者に通達しないで時効成立したのでしょうか?

※現状は10年経過した債務と、これから10年になる債務があります。
※消滅時効を考えています。

 今、考え直してみると自己破産をして免責を頂き7年で復帰していればとおもいますが仕方がありません、こんな機会なのですが借金を片付け、身を整えたいと考えています。
専門家の方、消滅時効の詳しい条件や執行方法など教えて下さい。。  


モリチャンさん
2014年06月14日 21時57分

みんなの回答

今村 幸正
今村 幸正 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
まず、消滅時効は10年とは限りません。
サラ金や銀行であれば、最後に返済をしたときから、おおむね5年で消滅時効が完成するでしょう。
ただし、信金は10年と借りたところによって違いがあります。

消滅時効は、法律上、援用といって、「消滅時効を主張しますよ」という意思表示をする必要があります。
弁護士に任せると、一般的に、弁護士が内容証明郵便というお手紙で、貸金業者に対し、借りたお金の返還義務は、時効で消滅しているので、もう返しません、というような内容の通知をするでしょう。

しかし、自分で手紙を書く際は、返済義務があることを認めるような書面にならないよう注意が必要です。
仮に5年もしくは10年が経過していても、返済義務があることを認めると、時効が使えなくなる可能性があるからです。

できれば、弁護士に相談されることをお勧めします。
弁護士費用が難しければ、法テラスで検索されてみてください。
収入・資産の要件はありますが、無料で3回まで相談を受けられますし、弁護士費用も国が立て替えてくれるでしょう。

2014年06月14日 23時24分

今村 幸正
今村 幸正 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
追記。

このほか、既に貸金業者に訴訟を起こされているような場合等には、時効が伸びたりします。
そのへんの注意をせずに、ご自身でやると、やぶへびになるおそれもありますので(時効が完成していないのに、自分から連絡をとると、貸金業者さんは、「待ってました!」と言って、取立てを再開するでしょう)、やはり、お近くの弁護士もしくは法テラスで相談されることをお勧めします。

2014年06月14日 23時29分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
たしか借金は10年経過しその条件を満たせば時効が成立すると聞いたことがあります、債権者に通達しないで時効成立したのでしょうか?


金融機関からの借り入れということであれば最終弁済期から5年です。
裁判があったということであれば10年の可能性もあります。
時効は相談者が援用する必要があります。
いずれにしても事実確認が必要です。
よくわからないということであればお近くの弁護士に相談に行ってみてください。

2014年06月15日 06時09分

この投稿は、2014年06月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,257名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 貸したお金の時効について

    9年前に、友人に300万円を貸しました。 不動産に抵当権を設定していますが、裁判をおこした所、時効との答弁書が届きました。 当方が当時貸金業登録をしていたので、商取引とみなして時効との事でした。 しかし、利息等も頂かず、当方としては個人的な貸付の10年時効と考えてます。 また、たとえ、債権時効が成立していても抵当権...

  • 親の借金について

    こんにちわ。親の借金について質問があり投稿をさせて頂きました。 私の妻の母親は5年前に他界したのですが、当月になってアビリオ債権回収という会社へ債権譲渡譲受通知書というものが届きました。(プロミスから債権譲渡したようでした。) 私も妻も本通知にて母親に借金がある事を知りました。 債権譲渡譲受通知書には最終...

  • 債権による抵当権時効は10年それとも20年

    13年前に母が亡くなりました、私(次女)に生前に母が自分名義の土地、家屋に600万の抵当を設定し 実際600万のお金を貸しました、また、母亡き後は家屋管理及び固定資産税は私名義で 納付書が来ており納付しております(借用書は作成しておりません) 債権者 私      債務者 母で登記済権利書を作成しました。 今回、遺産...

  • 債務不履行について

    債務者に金銭を10回(毎月末日払い)の分割払いで、100万円を貸し、金銭消費貸借契約も締結しました。しかし、2回弁済された後、一切返済がなされなくなってしまいました。 そこで、債務者の資産に対して仮差押え→本案提起したいのですが、上記金銭消費貸借契約には、期限の利益の喪失約款がありません。 この場合、残りの80万円全...

  • 債権者に対して第三債務者となっており、債権者および債務者間で係争中のため供託について教えてください。

    債権者からの差押通知書と債務者からの差押えの執行停止の通知書が届き、対応が困難なため供託を予定していました。しかし、内部処理遅延のため支払期日を経過してしまいました。 法務局に確認したところ、遅延損害金が発生しますとの回答でした。しかし、一方では紛争解決時にまとめて債権者に支払うことにより、遅延損害金は発生しな...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。