弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

住宅ローンの解決事例

個人再生申立により、住宅を残したまま、借金を減額できた事例

  • 個人再生

相談前 会社員として毎月安定した収入があり、住宅も所有している。住宅ローンを支払っているが、その他の消費者金融やカード会社の借金が膨らみ、支払いきれなくなった。家族もいるので住宅は残したい。 相談後 裁判所に対する個人再生申立により、住宅ローンはそのままに、その他の借金を5分の1程度の金額に圧縮した。それを3年かけて返済することを許可して頂いた。 佐々木 博征弁護士からのコメント 借金の整理の方法には、よく知られている「自己破産」「債務整理」のほかに、裁判所に申立をする「個人再生」という手続きがあります。この手続きの利点としては、住宅を残したまま他の債務を整理・圧縮し、分割で返済していくことが認められる点です。但し、利用できるかどうかは状況にもよりますので、詳しくはご相談下さい。

お気に入りに追加
佐々木 博征
佐々木 博征 弁護士

青葉台法律事務所

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】【法テラス利用可】借金の整理は早ければ早い...

電話で問い合わせ
050-5289-5082

メールで問い合わせ

住宅ローンに関する解決事例

及川 雄介

及川 雄介弁護士

自宅の共有者が破産後,他方共有者が個人再生を活用して家を守れた事例

自宅の共有者が個人破産後,他方共有者も債務超過に陥り,相談を受けた。住宅資金特別条項を活用して個人再生を申し立てたが,共有者が自己破産しているので,抵当権者が競売できる状態だった。抵当権者の同意を取り付け,個人再生の認可を得ることができた。抵当権者は複数の金融機関が信託を介して結びついており,交渉は難航を極め...

内田 徹

内田 徹弁護士

個人再生申立により自宅を失うことなく借金を減額できた事例

 給与所得者。サラ金数社からの借り入れ。月々の返済金額が収入を上回るようになり,支払不能に。住宅ローンで自宅を建てて間もなく,破産をすると自宅をなくすこととなる。 住宅ローンを除いた負債総額250万円。住宅ローンの月の返済額6万円,その他に給与から月5万円程度は返済に回すことが可能とのことで,個人再生の申立。...

白川 謙三

白川 謙三弁護士

【個人再生の事例】会社員の相談者は、病気がちの奥さんの入通院にお金がかかり、また、子供の教育資金のために借金が増えて、相談に来られました。相談者は家族が暮らす住宅はそのまま残すことを希望していました。

相談者には、住宅ローンが約1500万円、カードローンが約300万円、教育ローンが約200万円あり、会社員としての給料があっても、借入金の返済が困難になっている状態でした。相談者には安定した収入があることから、カードローンと教育ローンの月々の返済額を圧縮すれば、十分にやり直しが可能な状況でした。そこで、相談者は...

藤尾 順司

藤尾 順司弁護士

子供4名、さらに妻が妊娠中というケースで、夫が個人再生申立をして、マイホームを残したケース

夫は、中古住宅を購入し、住宅ローンを組んでいました。債務は、妻との共稼ぎでしたが、妻が出産のため収入がなくなりました。子供は4名いました。子供が多いため無理をしてでも住宅を残したいという強い希望でした。住宅ローンは返済が滞っていました。その他の債務も400万円ほどありました。個人再生申立と住宅資金特別条項の適用を...

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...