不動産強制競売開始決定の通知が来ました。

公開日: 相談日:2016年06月14日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

昨年事故をしまして失職してパートをしています。現在、住宅ローンを遅れなく支払っています。評価価値(500万)よりローン(1000万)の方が多いです。先日、市役所から差押書が届き住宅ローンの銀行からその差押解除の郵便が送付されてきました。市役所とは月割で話し合いができましたが、今度は地方裁判所から不動産強制競売開始決定の通知が来ました相手は別のローン会社です。裁判所の執行官に聞いたところ、残債が評価価値より多い場合は競売はされないとの見解でした。しかし、住宅ローンの銀行が競売の連絡が入りますのでどの様に対処するか分かりませんとの事でした。この場合、市役所と今回の競売の一見で銀行は心証を悪く持つと思うのですが銀行は住宅ローンを全額支払えと言ってきますか?

460387さんの相談

回答タイムライン

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    銀行の対応は予測できません。担保物件に差押が入ることは住宅ローンの期限の利益の喪失事由にあたりますが、競売にならないと実際のところ一括請求することはないと思います。今回は競売開始決定があるケースですので、住宅ローン債権者も競売手続に参加するために期限の利益を喪失させて債権届をせざるをえないと思います。後順位の債権者が申し立てた競売ですので、銀行が二重競売を申し立てない限り、いずれ無剰余で手続は取消しになります。無剰余で取消になるということは、今の時点でもわかっていることですから銀行も取消しを待って期限の利益の再付与をしてくれる可能性はあると思います。逆に、無剰余を待たずに自ら競売を申し立ててくると回収に動くということですから、競売が終わった後に残債の一括請求をされることになるでしょう。

  • 相談者 460387さん

    タッチして回答を見る

    >無剰余で取消になるということは、今の時点でもわかっていることですから銀行も取消しを待って期限の利益の再付与をしてくれる可能性はあると思います。逆に、無剰余を待たずに自ら競売を申し立ててくると回収に動くということですから、競売が終わった後に残債の一括請求をされることになるでしょう。

    大変申し訳ございませんが、銀行は一括返済をしてくると言うことですか?

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    住宅ローンの約定弁済を続けていて銀行が現在の回収に問題がないと判断していると、一旦様子をみて無剰余で取消になるのを待つ可能性がある、ということです。そうなると一括弁済は請求されません。これに対し、後順位の債権者の競売を機に銀行が回収に不安を感じて追加で競売を申し立ててくると一括弁済を求められる、ということです。可能性はいずれもあると思いますが、どちらの可能性が高いかというと前者の可能性のほうが高いと思います。

この投稿は、2016年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから