保証協会の不動産の競売について

公開日: 相談日:2022年07月29日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
以前に会社を経営して倒産しました。保証協会の借り入れに保証人になってくれた叔父さんが亡くなり子供達に債務請求がされています。子供は、3人います。3人同居しています。2人が障害者で、もう1人も無職で生活保護世帯です。不動産の名義は、おじいさんの名義のままです。

【質問1】
保証協会は、名義変更のされていない生活保護世帯の家でも競売にかけますか?

1169331さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岩手県1位
    タッチして回答を見る

    名義が祖父のままでも、その不動産に抵当権がついていれば競売の申し立てをされる可能性は十分にあります。

    抵当権がついていないときは、その不動産の実際の権利が今誰にあるのかや不動産の価値がどの程度なのかなど関係資料を確認してみないと判断は難しいです。

    複雑な部類の問題でありネット相談では限界がありますのて、早急に弁護士に相談に行かれた方がよいと思います。

この投稿は、2022年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました