弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

任意売却の解決事例

【自己破産】不動産の任意売却をしたが,借金が1000万円以上残ってしまったため,自己破産を選択して借金を免責した事例。

  • 自己破産

依頼主 40代 男性 相談前 依頼者は,住宅ローンの支払が困難になり,金融機関から競売を申し立てられました。自宅は競売で落札されましたが,住宅ローンの残債,カードローン,クレジットカードも含めると借金が1000万円以上残ってしまったため,弁護士に債務整理を依頼しました。 相談後 借金が1000万円の場合,個人再生を選択しても200万円を分割弁済する必要があります。このケースでは,依頼者が月に5万円程度を支払うことが難しく,再生手続を遂行できそうになかったため,依頼者も納得の上で破産手続を選択しました。破産管財人が就いて,財産調査・免責調査が行われましたが,破産管財人の調査に誠実に協力した結果,無事に借金が免責され,依頼者は,新たな人生を送れるようになりました。 濱田 将成弁護士からのコメント 依頼者の意向を尊重しつつ,経済合理性に基づき,最適な手続を選択してご提案しております。任意整理,破産,個人再生に関して,経験も多数ありますので,最適なご提案ができると考えています。もし,このようなケースでお悩みの方はご連絡頂けましたら幸いです。

お気に入りに追加
濱田 将成
濱田 将成 弁護士

弁護士法人北村・加藤・佐野法律事務所

任意整理、破産、個人再生、過払金返還請求など、あらゆる借金の問題にご対応しておりま...

電話番号

電話で問い合わせ
050-5286-5418

任意売却に関する解決事例

高橋 賢司

高橋 賢司弁護士

【任意売却】遠方の相続物件を任意売却した事例

ほとんどあったことがない,新潟に住んでいる叔父の相続人になった方からのご依頼です。この方は,現地にも行ったことがないようでしたが,新潟に複数の相続物件があるとのことで,売却したいとのご意向でした。ご依頼者は,物件の詳細も分からないとのことでしたので,当職が新潟まで出向き,物件調査を行いました。 そうしたところ...

佐々木 光嗣

佐々木 光嗣弁護士

住居を維持する形での自己破産手続

依頼者は、自己名義で住宅所有権を持ち、住宅ローンを負っていましたが、当該住宅には家族が居住していました。家族に家を失わせるわけにはいかないので、どうにか家族が住み続けられる方法はないかと相談に訪れました。自己破産の場合は、本人の名義で住宅を維持することは通常はできません。そこで、居住している家族に対して住宅を...

任意売却を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...