弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

任意売却 : 任意売却のメリットやその方法

住宅ローンの残る家を手放す方法について

住宅ローンの残る家を手放す方法について教えてください。

彼(離婚暦あり)が、住宅ローンの残る家を手放す予定で、私の家の近くに(県外)引越してきました。
引越し先は賃貸マンションで、家賃が8万円。
ローンの返済は月9万円だったと聞いています。住民票はまだ前の家のままです。
家の鍵は不動産屋が持っています。

当初は家を売却して残債を支払うと聞いていましたが、
どうやら、引越しと同時にローンの支払いを止めているようです。(7ヶ月)
(ちなみに住宅ローンは、途中でリフォーム代などをまとめて借り換えをした為、オーバーローンのようです。残債1900万円)住宅ローン以外の借金はないとの事です。

最近わかったことは、もう彼には住宅ローンの返済意志がないということです。
つまり、任意売却で売却した後の債務は、自己破産するつもりで既に専門機関に依頼済みと言うのです。
1年くらい経たないと手続きができないと聞いています。

今は預金口座からもお金を引き出し、クレジットの使用も控えています。
先日、クレジットカード会社から「利用停止のお知らせ」がきていました。

私なりに調べてみましたが、彼のやろうとしている事がいまいち理解できません。
こんな事がまかり通るなら、住宅ローンから逃れたくなった人は誰でも自己破産できるということになりませんか?

1.彼はサラリーマンです。引越しと同時に転職し給料は手渡しですが、社会保険にも入っており一定の収入があることは容易に知られると思いますが、自己破産の免責許可されるのでしょうか。

2.住民票は移していませんが、ローンと同じ額の家賃を払っていることを知られる可能性はありませんか?

3.いずれにしても、意図的に自己破産しようということに変わりはないです。
今からやめさせる方法はありますか?
恐らく、既に期限の利益喪失していると思うのですが、彼は今からでも返済を再開すればまた住めると言います。全く理解ができないです。

彼のやろうとしている事が真っ当なことなのかどうか、教えていただきたいです。
よろしくお願い申しあげます。
> 1.彼はサラリーマンです。引越しと同時に転職し給料は手渡しですが、社会保険にも入っており一定の収入があることは容易に知られると思いますが、自己破産の免責許可されるのでしょうか。

残債次第です。給料で返せないくらいの残債が残れば、可能かと思います。

> 2.住民票は移していませんが、ローンと同じ額の家賃を払っていることを知られる可能性はありませんか?
>
破産の際は家賃を報告しますからしられるでしょう。

> 3.いずれにしても、意図的に自己破産しようということに変わりはないです。
> 今からやめさせる方法はありますか?

ご本人を説得するしかないでしょう。

> 恐らく、既に期限の利益喪失していると思うのですが、彼は今からでも返済を再開すればまた住めると言います。全く理解ができないです。

これは銀行の姿勢次第でしょうね。
銀行と相談は可能だと思います。
収入があっても債務超過であれば、自己破産をすることは可能です。
また、住宅ローンであれば、免責不許可事由に該当することもないでしょう。
ありがとうございます。
残債次第では可能なのですね。

ただ、家賃がなければ支払えるはずですよね。
そこは突っ込まれないのでしょうか。
> 家賃がなければ支払えるはずですよね。
→住宅を売却しても残債が残る場合、別のところに居住して自己破産をしてもそれが問題になることはありません。
再度ありがとうございます。
今回の場合は、売却前に引越しをしていますが、それも問題になりませんか?

家賃は払えているのに、同時期にローン滞納しているということは、
家賃さえなければ、ローンの支払い能力があると見られるのではと思うのですが。
引越しも必要に迫られてした訳ではありませんし。

これが問題ないとなれば、住宅ローンを真面目に返済している人たちがなんだか気の毒に思えてきます。
> 今回の場合は、売却前に引越しをしていますが、それも問題になりませんか?
>
はい、売却の場合は引っ越すのは普通ですので。もっとも、過度に高額な家は別ですが。

> 家賃は払えているのに、同時期にローン滞納しているということは、
> 家賃さえなければ、ローンの支払い能力があると見られるのではと思うのですが。

いいえ。ローンは20年、30年で組みますが、残債になれば一括払いですし、破産における支払い能力の計算は、通常4,5年で返せるレベルかを検討しますので。

> これが問題ないとなれば、住宅ローンを真面目に返済している人たちがなんだか気の毒に思えてきます。

しかし、家はなくしますし、今まで払った頭金や分割払いのお金、不動産会社の手数料などはすべて無駄になります。
そう考えると、メリットばかりではないでしょう。
ありがとうございます。

私が引っかかっていたのは、本当に返済に苦しくて生活の立て直しの為の自己破産ではなく、
単に逃れたいだけで、債務整理ではなく意図的に自己破産する方向に持っていくことが、安易で姑息なことと感じていました。

わざと預貯金をおろしてタンス預金にしたりしている姿も、真っ当な人間には思えなくて。

実際、自己破産することで債権者には迷惑がかかるはずですのに、彼は、どうせならもっと大きな金額でやれば良かったなんて事まで言っていましたので。

彼の考えがまかり通って欲しくなくて、今回質問させていただきましたが、法律は人を守ってくれるのですね。
勉強になりました。
ありがとうございました。

めんつゆさん
2018年01月25日 13時48分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう

2018年01月25日 14時06分

池田 康太郎
池田 康太郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう

2018年01月25日 14時07分

めんつゆ さん (質問者)

2018年01月25日 14時17分

池田 康太郎
池田 康太郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう

2018年01月25日 15時53分

めんつゆ さん (質問者)

2018年01月25日 16時05分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう

2018年01月26日 07時19分

めんつゆ さん (質問者)

2018年01月26日 07時34分

この投稿は、2018年01月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では11,103名の弁護士から、「任意売却に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 任意売却後の残債

    現在の住宅ローン債務者は元夫です。 仮に任意売却をするとして、残債の債務者は元夫にしかならないのでしょうか?

  • 任意売却後、残債があっても生活保護を受けられるか

    家のローンを滞納し、任意売却しようと思っています。任意売却後、残債の支払いが残ります。 それでも、生活保護は受けられるでしょうか。

  • 任意売却後の残債が身内に請求が行かない方法はありますか

    平成22年1月に任意売却して残債が住宅金融公庫の債権回収会社と年金の回収弁護士の二か所に支払いをしています。残債は1500万以上残っておりますが、私が死亡した場合住所不明の長男(フロリダにいるらしいことはわかっておりますが10年以上連絡が取れておりません)一人と実姉夫婦に債務の請求が行くのでしょうか?特に長男は住所...

  • 任意売却後の残債について

    現在、任意売却(住公からのみの融資物件)を業者に依頼し、買主が見つかり、売却の運びになる予定です。売却後に残債の支払いがあるのは承知しているのですが、残債額が払いきれない場合は、自己破産がよいのか、個人再生がよいのか、判断に苦慮しています。 現在は、定職にありますし、今後も定期的に収入は見込める状況です。個人再...

  • 任意売却後の残債返済について。

    任意売却を検討しています。 数年前に戸建を購入しましたがその一年後に離婚。 現在は私が家を出て、別れた妻と子供が住んでいます。 給与の収入減などもあり、返済継続が困難な状況です。 地元の不動産業者の査定額で計算すると1200万程が残債となります。 フラット35での借り入れになりますが、金融機関との話合い次第で残債の減...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。