住宅ローンを何ヵ月滞納すると一括請求されるか

公開日: 相談日:2020年07月05日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

住宅ローンを2ヶ月滞納しています。
住宅ローンは何ヵ月滞納すれば、一括請求となってしまうのですか?

936263さんの相談

回答タイムライン

  • 丸山 和彦 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    お世話になっております。

    ご回答いたします。

    コロナ禍にもあり、最近住宅ローンを滞納される方が多くいらっしゃいます。

    弊所ブログ記事にもあげたのですが、原則、契約書にどのように記載があるのか。ということになります。

    契約書に1回でも滞納した場合はとあれば、一回の滞納で一括請求は可能となります。

    次に、一般論としてですが、2回の滞納で一括請求される可能性がでてきます。

    借り入れた金融機関からではなく、保証会社から一括請求されることが多いでしょう。

    住宅を購入された際に、権利証(登記識別情報通知)を司法書士事務所から受け取っているかと思いますが、そちらに、登記簿謄本というものが一緒に入っていたかと思います。

    登記簿謄本の乙区の抵当権者が一括請求してくる債権者になります。

    およそ2回の滞納があってから半年以内に強制執行手続きに移ることが多いです。

    そうなる前に、まずは金融機関に返済金額、方法についてご相談に行かれるとよいでしょう。

    金融機関は、事実上、この相談に応じる法的義務はないですが、今なお、応じる傾向にあります。

    ご参考までに。

  • 鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 住宅ローンを2ヶ月滞納しています。住宅ローンは何ヵ月滞納すれば、一括請求となってしまうのですか?
    ◆ 住宅ローン契約書をまずご確認いただく必要があります。
    ◆ 「①1ヶ月でも滞納すれば直ちに」「②滞納後、債権者からから請求されたら」の2つのパターンが多いでしょう。
    ◆ 債権者が銀行の場合は、①の場合でも、1ヶ月遅れただけでいきなり一括請求してくる銀行はまずないですね。
      銀行担当者としては、できれば保証協会や保証会社のお世話にならずに、銀行自身が回収していくことこそが業績に繋がりますし、「あそこの銀行は1回怠っただけで一括請求してきた」との風評が立ってはまずいですからね。
      ②の場合も、1回の滞納だけでいきなり一括請求ということは考えられません。
    ◆ これに対して、独立行政法人等政府系金融機関は厳しい感は否めません。
      銀行と違って、社会的風評とかライバル銀行に勝ちたいとか、そういう意識は全くないので、法に則り、契約に則り、粛々と債権を回収してくるからです。
    ◆ 貴殿の債権者がどこであれ、貴殿は既に2回滞納しているとのことですので、信号は黄色から赤色の間と言っても過言ではないでしょう。
      貴殿にとって一番必要なのは、とにかく、誠意を持って住宅ローン債権者に支払いの相談をしていくことです。
      これを怠ると、住宅ローン債権者としては、「この人からは回収できない」と判断し、保証協会あるいは保証会社に代位弁済を求め、債権は、保証協会あるいは保証会社に移転します。こうなると、すぐに一括弁済請求されてしまいますね。
    ◆ 債権者がどこであろうと、この人からはもう回収できないとなると、「住宅を任意売却して下さい」と強く要求してきます。
      これに応じないでいると、ご自宅は競売されてしまいます。
    ◆ とにもかくにも、誠意ある対応を心がけて下さい。
      ただ、無理な物は無理ということであれば、売却等を検討せざるを得ないでしょう。
      

  • 相談者 936263さん

    タッチして回答を見る

    住宅は私の住まいではなく元妻(連帯保証人)の住まいなのです。ですから住宅ローン契約書は私の元にありません。どうすればよいでしょう?

  • 鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    > 住宅ローン契約書は私の元にありません。どうすればよいでしょう?
    ◆ 住宅ローン債権者に言えば、契約書のコピーはもらえます。
      それで内容を確認すべきです。
      契約書の内容を確認することも大切ですが、それとともに、住宅ローン債権者には、誠実なる対応を取っていくこと、これが最も大事なことであることをお忘れなきようお願い致します。

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す