融資金詐欺に該当してしまうのか(住宅ローン)

公開日: 相談日:2016年02月13日
  • 1弁護士
  • 1回答

新築一戸建てを購入する為に、住宅ローンの3,000万円の融資を頂きましたが、決済日当日に、銀行の不手際により(融資元ではなく融資先の過失)融資金の決済がなされなかった為に、銀行口座にある大金に目がくらみFXに使用、ほぼ全額を損失によりなくしてしまいました。
銀行さんからは融資金詐欺に該当すると言われてしまいましたが、本当に住宅購入を検討していた事実を立証できれば、刑事告発を免れることは可能なのでしょうか。
妻と1歳になる子供もおり、家族にも会わせる顔がなく、疲弊しきってしまいました。
私は年収500万円の普通の会社員ですので、一括返済も出来ません。
どうか、ご教授のほど、宜しくお願い致します。

425444さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    銀行さんからは融資金詐欺に該当すると言われてしまいましたが、本当に住宅購入を検討していた事実を立証できれば、刑事告発を免れることは可能なのでしょうか。

    詐欺というのは、住宅ローンに使用するつもりがないのに、住宅ローンの送金を受けた場合ですので(住宅ローンの送金を受けてから、気が変わったというのであれば、詐欺ではなく、債務不履行というだけです)、そうではない旨を明らかにできれば、刑事告訴を免れることができるのではないか、と思います(ただし、住宅購入を検討していた事実だけでは足らず、融資金を受取るまで、住宅購入するつもりでいたことまでも、明らかにする必要があるのではないか、と思います)。

この投稿は、2016年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから