消費者契約法の不実告知について

よろしくお願いします。

建築事務所から提携先の低利住宅ローン(フラット35+つなぎ融資)が使えると勧誘を受け、土地売買契約を締結。その後設計監理委託業務を締結しました。

しかし、実際は建築事務所と取引のある建築業者と建築委託契約締結が条件でした。それを知ったのは、土地売買契約後1ヵ月経過後。
建築士は、契約前に「工事と融資は別です」「今後の流れを調整します。」と説明しています。

また、私は本件住宅ローンの内容を再三確認して契約締結しました。重要な契約のポイントであることも確認しました。

その時は、図面も未完成の中、建築士は「土地の契約期限まで時間がないので、とりあえず請負契約を締結しよう」と言われました。
住宅ローンの申請をしないと、土地の手付金没収の可能性もあったため、締結寸前まで行きましたが、土壇場で回避。

他行の融資を受けることになりましたが、こちらも建築請負契約が前提(フラット35です)。
土地の売主に事情を話し、期限を延長してもらいました。

その後、3ヵ月ほどして実施設計終了、建築確認も受けました。
「消費者契約法」は業務のほとんどが終わったこの頃に知りました。

私は、建築会社が特定される条件なら、建築士と契約締結していません。
また、事実と違うと知った時も建築士は「とりあえずこのまま進むしかありません」と言って、自身の勧誘時の説明をごまかしました。
そして、ローン特約のある土地売買契約も同時進行していることから、手付金没収はどうしても避けたかった。

結果、建築士が勧誘時に虚偽の説明をしたことが判明しました。

本件の場合、民法125条の「法定追認している」ことになるのでしょうか?それとも「異議をとどめたとき」に該当し取消を認めてもらえるのでしょうか?

また、仮に取消が認められるとして、先に払った着手金は返してもらえますか?
また、未払い分の報酬は払わないでいいものでしょうか?
先方には、取りあえず内容証明書で意思表示と少額の損害賠償を請求しました。

なお、工事請負契約は未締結、以後この建築士と契約解除、及び図面は使わない、事実を知った時から6ヵ月未満に意思表示しています。

以上、長文になりましたけれどもご教授いただきたく投稿しました。よろしくお願いします。
okinkoさん
2011年01月22日 20時49分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
契約書等を詳細に検討しなければなりません。
ご自身だけで判断して行動すると、それこそ追認となる可能性がありますので、できるだけ早く法律相談に行ってください。

2011年01月23日 00時07分

okinko さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。
PCの調子が悪くてお礼が遅れてしまいました。
申し訳ありません。

事実と相違したのが分かった時に、「手付金は私が損害賠償します。委託料もいただきません」と言ってくれれば、安心して取り消せたのですが、今回の場合取消権を妨害されたものと考えておりました。

至急、対応を考えてみます。

2011年02月05日 09時00分

この投稿は、2011年01月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 建築条件付 土地決済後の工事請負契約不成立

    建築条件付の土地を契約し、土地の決済を行いました。 その後工事請負契約をするにあたり、オプション価格で当初提示されていた金額でない金額を提示されました。 工事請負契約が締結できない場合、登記を元に戻さないといけなくなるのでしょうか?

  • 建築条件付土地売買契約の自己都合による白紙解除の可否

    建築条件付土地売買契約の白紙解除に関するご相談です。契約締結し、手付金は支払済。建築請負契約は未締結、打ち合わせも始めていない状況です。 契約締結後、高圧電線があり、それによる健康不安があり、とてもこの土地で生活できないと判断しました。建築条件には、「この土地は土地売買契約3ヶ月以内に売主及び買主間で住宅の建築...

  • 土地・建物の賃貸借契約の期間満了に伴う解約について

    Aの所有の土地にBが造成し、Bが建物を建ててC法人が借りて事業を行っている。 土地も建物も契約期間を10年間と明記して、賃貸借契約を締結。 AもBも賃貸借契約が満了する2年前から「契約期間が満了するので更新は行わない」とC法人に通知があった場合、賃貸借契約が満了すれば解除できるのか。 AもBもC法人には契約の更新...

  • 建築条件付き土地の白紙解約について

    建築条件付土地の解約について、質問です。 約3ヶ月前に、建築条件付土地を契約し、建物請負契約は未締結の状態ですが、 転勤が決まったため、請負契約を締結せずに白紙解約したい意向です。 土地の売主と、建物建築請負は同一会社で、複数回プランの打ち合わせは進めていましたが、 当初よりかなり建築費用が上がってきていた...

  • 土地売買契約書の特約条項の違反又は契約不履行について

    以前に契約した土地売買契約書の特約条項に建築条件付という記載があり、通常であれば3カ月程度の期間内に建築請負契約を締結しないと土地売買自体を解除できる(解除される)との約定をするとの業界の自主ルールがあるというのを最近知りました。 契約書には建築条件に対する解除条件の記載は一切無く契約時の説明においても契約した不...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。