抵当権の効力

物上代位についての質問させて頂きます。

民法により、先取特権、抵当権及び質権の効力は目的物の売却、賃貸、滅失若しくは損傷により設定者が受けるべき
金銭その他の物、又は目的物に対する物権の設定による対価の上にも及ぶものとされており、このように担保物権の効力がその目的物の価値変化物に及ぶことと定義できるとの事です。

A銀行がBの購入した定期借地権(地上権)付建物購入のために融資をし、融資した住宅ローン債権を被担保債権として、その地上権と建物に抵当権を設定したとします。
その後、住宅ローンが滞り、金融機関が担保不動産競売申立をし、第三者が落札したとします。
その場合、

?債務者Bが地上権設定に際し、土地の所有者たる地主に保証金を差し入れていた場合、地上権の抵当権者たるA銀行は 債務名義を取らずとも物上代位により、Bの地主に対する保証金返還請求権を差押え可能でしょうか。つまり、本件抵当権の 効力は、保証金にも及ぶとは考えられないでしょうか。

?最近の裁判所の取り扱いでは、定期借地権の保証金は買受人に引き継がれないものとして定期借地権付建物の評価をす るようです。よって、競売による建物の買受人は新たに入居保証金を差し入れなければならないようです。先日、裁判所の書 記官と電話で話した際、競売による建物の買受人は新たに入居保証金を差し入れなければならないとの最高裁の判例がある ような事を言っていたのですが、その判例を御存知でしたら教えて下さい。

長文で申し訳ありません。
2011年01月09日 15時11分

みんなの回答

松野 絵里子
松野 絵里子 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
最高裁の平成13年11月21日決定でしょうか。

賃借人が賃貸人に敷金を交付していた場合に、賃借権が賃貸人の承諾を得て旧賃借人から新賃借人に移転すると、敷金は通常新賃借人に承継されません。

そこで、この場合に賃借権の目的である土地上の建物を競売した第三者が土地の賃借権を取得すると、敷金という担保を失うことになり、賃貸人の利益が害されます。そこで、裁判所はその第三者に対し賃借権の譲受けの承諾に代わる許可の裁判をする場合、旧賃借人が交付していた敷金の額などの一切の事情を考慮して、付随的裁判の一つとして、相当な額の敷金を差し入れることをその第三者に対して命ずることができるという内容の決定です。

物上代位の議論とは別のことのように思いますが。

2011年01月09日 23時15分

相談者
文字化けして ? になっていますが、1と2は全く別の質問です。

2011年01月09日 23時50分

この投稿は、2011年01月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 競売によらない建物所有権取得

    土地を取得しました。 法定地上権のない建物があります。 その建物の債務名義は持っているので競売可能ですが、 税金の滞納があります。 そこで、建物収去土地明け渡し訴訟で 取り壊し費用を被保全債権にして、 その先が分かりませんが とにかく建物所有権を放棄等させてから 新規に所有権保存登記とかできないでしょうか? こ...

  • 借地権譲渡で建物を解体後に地主(買取側)に引き渡す場合の契約書

    借地権付き建物を地主に売ることとなりました。地主は、建物を当方(借地人)で解体することを条件として要求しています。この場合、建物所有権移転登記と残金支払の同時手続きとなりません。建物滅失後、買取側の契約不履行に対抗するために、手付金以外の残金の受領と解体滅失のタイミングなど、契約書に明記すべき事項を教えてくださ...

  • 競売(建物のみ、何故建物のみか)

    ◎競売関係について相談 ◎物件概要  ・土地(所有権者A)債務者Bとする金消契約に基づく根抵当権設定  ・建物(登記上所有権保存時からの所有権者B)債務者Bとする金消契約に基づく根抵当権設定  ・上記根抵当権設定内容は、債務者Bと金融機関における金消契約で土地建物双方が担保設定されている状 態。土地貸借契約や土地貸借...

  • 借地権の買取について

    借地権の買取について 当社は、B(個人所有者)の土地を新たに賃貸し、A社用の物流施設を新規で建築し、賃貸することを計画しております。 A社は現在、Bから土地を普通借地権契約で土地を賃借し倉庫を営んでおり、Bの土地にはA社の建物が建っております。 A社は建物を取り壊す予定ですが、相当の除却損が発生するために会計上の負担が...

  • 抵当権は借地権に及ぶ

    土地の賃貸人への保証金に差押が入っていて、公庫の保証金への抵当権設定が無い場合、金融公庫から抵当権の実行を受けて、建物だけを親族に任意売却したことにすれば、保証金の差押の実行を回避できるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。