市役所からの給与差し押さえについて

公開日: 相談日:2015年05月18日
  • 1弁護士
  • 1回答

過去の住民税を滞納していた為に、市役所へ月々5000円ずつ、延滞金も含め支払う誓約書に数年前に署名しましたが、財政が良くない為か、月々の支払い額を16000円に増額し、2年で本税が完納する誓約書にサインをするような書類が届きました。
そこには、担保として、私の給与差し押さえへの同意書や、給与の使い途の内訳(ローンも含む)を記入するものが添付されていました。月々の支払い額を増額して支払う意思はありますが、給与使い途の内訳書や給与差し押さえの同意書など提出する義務は私にあるのでしょうか。差し押さえの同意書には、会社内で連絡出来る人の名前等も書く欄があり、過去の税金を滞納していたことを会社に知られたくはありません。
これらの情報は例え市役所にであっても、個人情報保護法で守られてはいないのでしょうか。
又、差し押さえの同意書を市役所が必要としているということは、それがなければ市役所は差し押さえることが出来ないということでしょうか。

350543さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    税金債権は、自己執行力がありますので、同意書がなくても、差し押さえは可能ですが、市役所が、貴殿の勤務先を把握していなければ、給与の差し押さえは、事実上できないこととなります。

この投稿は、2015年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す