1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 住宅ローン
  4. 給与差押えの債務が債権者である銀行から債権回収会社に譲渡されました・・・

公開日:

給与差押えの債務が債権者である銀行から債権回収会社に譲渡されました・・・

2015年03月08日
住宅ローンを返済できず自宅が強制競売にかかり、強制競売後の住宅ローン残債務1500万残ってしまいました。一括返済を求められましたが返済できず、以降給与が差押えられ、3か月経過した本日、債権者である銀行より債権回収会社に債権を譲渡する旨の通知が届きました。私に対する給与差押債権は、債権回収会社に引き続がれ、差し押さえを継続されてしまうのでしょうか?また差し押さえ解除のためには、給与所得者再生等の法的手続きしか選択肢はないのでしょうか?
相談者(329178)の相談

みんなの回答

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県3 借金・債務整理に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
差押えは継続しますから、生活再建を考えるのであれば、破産開始決定または再生手続開始決定を早く出してもらうべく、弁護士に相談の上、すみやかな申立てを行った方がよいと考えます。

2015年03月08日 23時26分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
私に対する給与差押債権は、債権回収会社に引き続がれ、差し押さえを継続されてしまうのでしょうか?

その可能性はありますね。

また差し押さえ解除のためには、給与所得者再生等の法的手続きしか選択肢はないのでしょうか?

個人再生や破産の法的手続きにより、差し押さえの効力がなくなります。
支払が困難ということであれば、そうした法的整理を検討されてください。
一度弁護士に相談に行かれてはいかがでしょうか。

2015年03月09日 03時40分

相談者(329178)
ありがとうございました。アドバイス通り先生方に依頼し最善の対処方法を相談していきたいと存じます。

2015年03月09日 13時50分

この投稿は、2015年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,522名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

口座を差し押さえて養育費の未払いに対処する

養育費の支払いが滞っている場合、回収する方法として、相手の財産を差し押さえることが考えられます。ここでは、相手の銀行口座を差し押さえて養育費...

養育費の未払いで給料を差押えられたらどうなるか

養育費の支払いを怠ると、相手から給料を差し押さえられる可能性があります。では、給料を差し押さえられたら、具体的にどうなってしまうのでしょうか...

ペアローンの注意点と返済できない場合の対処法

住宅ローンをペアローン(夫婦でローンを組むこと)で組んでいて、離婚時に残債がある場合、返済義務は自分と配偶者とでどのように負うことになるので...

この相談に近い法律相談

  • 貸金返還請求事件の被告に・・・

    約4年程返済出来ていない債権者が貸金請求事件を訴え、先日裁判所から「口頭弁論期日呼出及び答弁書催告状」が届きました。 弁護士に委任するか否かの案内も同封されていましたが、やはり弁護士の先生にお願いするべきでしょうか? 訴状内容から見ても、 ?原因となる金銭債務(金額、当初返済期間等)に何ら相違なく、 ?相手方の請求額...

  • 給料債権差押について

    ・債務者は家族経営の会社の手伝いをしている ・給料債権差押の申立をしたが、第三債務者から雇用なしの陳述書が出された ・本人は、あくまで手伝いであって勤務しているわけではないため給料は出ていないと述べている こういった場合、債権者は給料債権差押はできないのでしょうか。 回答お願いいたします。

  • 取引履歴の開示を請求したのですが・・・

    債権回収会社へ取引履歴と訴訟の履歴の開示を請求したところ、 債権の契約書(申込書)のみ送られてきました。 私が請求したものは以下のものです。 ・債権譲渡をしたことを証明するもの(譲渡通知書など) ・取引履歴 ・訴訟の履歴(取下げたものは取下書も含む) (※訴訟に関しては過去に差押請求をし、その後取下げたと言っ...

  • 条件付売買代金債権を仮差押えするのは可能か?

    A所有の不動産がBに移転された後に、不動産業者C(善意の第三者)がその不動産に売買予約登記を登記した場合、Aの債権者Dとしては、A→Bの所有権移転を詐害行為取消訴訟で取り消す手段を取るわけですが、その裁判中にCが売買予約権を行使したら、詐害行為取消が認められても回収できなくなります。そこで売買代金から回収するためにC→Bの条...

  • 破産管財人が信用情報を・・・

    自己破産で自己破産開始後、管財人の弁護士にもお会いしました。その管財人が信用情報を開示しようとしてるようなのですが、何のためでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。