国選弁護人選任時の資力申告書の資力の書き方は?

被疑者国選弁護人選任前に、資力申告書を提出しますが、
資力が50万円以下であれば、国選弁護人が選任できると聞きました。

その場合の資力の考え方についての質問です。

たとえば、Aさんは、現金を200万円を持っていますが、持ち家ローンも1000万円持っています。
その場合の、資力というのは、現金200万円ということに
なるのでしょうか?
それとも、資力は、-800万円ということになりますか?
資力申告書には、現金200万円と、ローン1000万円と記載してもいいのでしょうか?
そして、Aさんは、国選弁護人が選任できるのでしょうか?

ご回答をよろしくお願いします。
PeterNealさん
2014年03月10日 23時42分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5
ベストアンサー
ありがとう
資力というのは、現金200万円ということになるのでしょうか?それとも、資力は、-800万円ということになりますか?

 資力は、200万円となるでしょう。

資力申告書には、現金200万円と、ローン1000万円と記載してもいいのでしょうか?

 上記のように記載して構いません。

そして、Aさんは、国選弁護人が選任できるのでしょうか?

 資力基準(50万円)を超える資産を有する被疑者は、直ちには被疑者国選の請求ができず、私選弁護人紹介の申し出をしなければなりません(刑訴法36条の3第1項)。従って、法律上の建前としては、私選弁護人を選任するのが原則となります。しかし、紹介を受けた弁護士は、受任を拒むことができます(31条の2第3項参照)。
私選紹介を受けた弁護士が受任を拒んだ場合、弁護士会は速やかに裁判所にその旨を通知しなければならず(同項)、この拒絶通知を受ければ、被疑者は国選弁護人をつけてもらえることになります。

2014年03月11日 06時22分

この投稿は、2014年03月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【離婚】家を売ってもローンが残る…残債の負担方法をケース別に解説

離婚するにあたって、今住んでいる家をどうするかは判断に悩むポイントの1つでしょう。この記事では、離婚する時点で住宅ローンが残っている場合に、誰...

離婚時の「財産分与」で「住宅ローン」が残っていたら…対処法を詳しく解説

離婚をするとき、結婚している間に貯めたお金や不動産、車などの財産を夫婦で分け合うことを、財産分与といいます。財産分与の対象には、プラスの財産...

親の住宅ローンや老人ホーム代を負担 寄与分が認められる?【弁護士Q&A】

亡くなった親が住んでいた家のローンを、自分の名義で組んでいたーー。このように、住まいに関する費用を負担していた相続人は、他の相続人より多く遺...

離婚調停中の住宅ローンはどちらが返済するのかl婚姻費用からローン分を差し引けるか

住宅ローンを組んでいる場合、夫婦で離婚に向けた話合いや手続きを進めているとしても、ローンの返済を続ける必要があります。この記事では、「離婚調...

少額訴訟…請求額60万円以下で利用できる1日訴訟の仕組み

退職した後、未払いの残業代や割増賃金を会社に払ってほしいと考えたとき、請求したい額が60万円以下であれば「少額訴訟」という手続きを利用すること...

この相談に近い法律相談

  • 個人再生、大阪、預金は守れますか。

    以前からの質問で、今回が最後の質問にしたいと思います。 個人再生・大阪 ■状況 借金700万円 給与18万円(手取り) 口座預金400万円(親のお金で触れない) 以前よりの質問での懸念している内容2点 ・親に知られない ・口座預金400万円を守る(自分のお金ではないので) ※「親に知られない」は知人の協力を得て賃貸を契約しま...

  • 弁護士費用について

    相手との離婚・財産分与の話し合いに入る予定ですが、最終的に当方が獲得した金額の例として、500万円 1000万円 1500万円 2000万円 それぞれの場合の 弁護士様にお支払いする報奨金の割合・パーセント と 着手金(獲得金額により増減するのでしょうか?)の標準的な額、パーセントを教えていただけませんか? その他の費用、必要経費は除き...

  • 債務整理における財産と弁護士費用について

    多額の負債を抱えたため、弁護士に依頼し債務整理を行う際の、財産についての考え方ですが、例えば債務が1000万円で、現有資産が300万円あった場合、法的整理においても、300万円以上の弁済が必要とされるかと思います。 弁護士に依頼した場合で、たとえば着手金30万円とされた場合、現有資産の300万円から着手金の30万円を拠出し、残...

  • 弁護士さんへの報酬金は300万円以下、3000万円以上、3000万円以上各%の合計なのでしょうか

    婚姻費用、離婚裁判で弁護士さんに依頼し行いました。婚姻費用の請求の時に、委任状契約書で報酬として、獲得額の300万円以下は16%        3000万円以下は10%        3000万円以上は8% とする とありました。離婚裁判での結果、協議離婚となり決着が付き、弁護士さんの方から、報酬金としての請求がきました。300...

  • 弁護士報酬の算定に際する「経済的利益」の考え方

     会社で、弁護士への訴訟代理人の委任契約に携わっている者です。  弁護士報酬について教えてください。  例えば、某原告が会社に対し「①今回行為の理由と謝罪を文書で回答せよ②慰謝料100万円を支払え」といったように、「1つが算定不可、もう一つは算定可」の請求内容で提訴があった場合、代理人委任契約に際し、弁護士によって...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。