弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約・借用書の解決事例

会社の債務と代表者の個人責任

依頼主 50代 男性 相談前 飲食店を経営していますが、資金繰りに困って、知人から100万円借りました。お店の経営状況が悪く、返済期限が来ても返せませんでした。お店は会社になっていて、借用書の借主も法人名になっていますが、貸主は、自分は代表者個人に貸し付けたと思っているので、代表者が返して欲しいと言っています。勿論、出来るものなら個人でも何とかしたいのですが、法律的にはどうですか。 相談後 借主が会社になることを友人にきちんと説明したのに、友人が勝手に個人と会社を勘違いしていたのなら、個人が責任を負うことはありません。しかし、借主が会社であることをきちんと話さず、あるいはことさら曖昧にして貸付させた場合は、貸付は錯誤あるいは詐欺で、借りた金額の返還を代表者個人もしなければいけなくなります。 原田 智弁護士からのコメント 法人は個人とは別の権利義務の主体なので、会社の債務について代表者が個人責任を負うことは原則としてありません。ただ、個人が借りる話だったのに、代表者が勝手に会社を借主として書類を作成した場合は、錯誤あるいは詐欺で契約は無効・取消ということになり、代表者個人も返済について損害賠償責任を負うことになります。

お気に入りに追加
原田 智
原田 智 弁護士

あすなろ法律事務所

借金問題は周りの人に相談しづらい内容が多いと思います。当事務所は、豊富な実績から、...

電話で問い合わせ
050-5283-7076

メールで問い合わせ

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...