代表印の不正使用による金銭消費貸借契約について

公開日: 相談日:2019年12月23日
  • 2弁護士
  • 2回答

私は中小企業の代表取締役ですが、弊社の取締役員が無断で個人の方から法人名義で融資を受けました。
連帯保証人としてその取締役員が個人で記名、押印してあります。
その取締役員は株主でもあります。

代表印を無断で使用して貸借契約書を交わしておりますが、契約書は有効なのでしょうか?
また、刑事訴訟なども考えておりますが罰することは可能ですか?

878759さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > 代表印を無断で使用して貸借契約書を交わしておりますが、契約書は有効なのでしょうか?

    代表印が使われていて、かつ、その方が取締役であるとすると、相手方が正規の貸金と誤信した場合には、契約が有効に成立する可能性があると思います。
    この場合、会社としては、その取締役に対し、損害賠償請求をすることで損害を塡補するしかないと思われます。

    他方、相手方とその取締役とが意思を通じて、お金を貸したことにしている場合には、契約の成立を否定することができる可能性があります。


    > また、刑事訴訟なども考えておりますが罰することは可能ですか?

    横領ないし背任の可能性があると思います。
    ただ、いずれも成立要件が複雑であり、個人での判断は難しいと思いますので、お近くの弁護士にまずは相談をされてみることをお勧めいたします。

    ご参考までに。

  • タッチして回答を見る

    契約が有効か
    →原則としては無効です。しかしながら,場合により有効(会社が責任を負う)となる場合があります。具体的事情によりけりです。

    刑事事件となるか
    →取締役本人に印鑑を使用する権原があった等によりますが,早いところで警察に相談することが最善であると思われます。

    現状で,①警察に相談,②弁護士に相談という優先順位で動くべきであると思います。

この投稿は、2019年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから