個人間で月利8%は利息制限法で見直しが可能?強引に抑えられた僕の利益は返済に充てているということ?

個人商店同士の金銭消費貸借契約と返済について

同じ業種で友人と起業した際に友人にお金を貸してもらいました。
友人に資金を助けてもらい、利益については合意の元割合を決めました。

元金に対して月8%(年利96%)
この利息で当初合意をして借りましたが利息制限法というので年利20%以上は無効になると知りました。
合意の元で契約した金銭消費貸借契約ですが20%以上の部分の返還請求は可能でしょうか?

また、利益に対しての僕の取り分から返済をしていましたが信用ならんということで
利益から月の返済額(元利)を引いた額の取り分(月の純利益)も仮に預かると言われました。
預かるといわれたので、たまに預けた分をもらおうとしましたが出し惜しみしてもらえませんでした。
しかし、預かった分は返済に充填されておらず、金は向こうで確保され利息は増える状態です。

なので、強引に預かるといって向こうが抑えている僕の月々の純利益を返済しているものとして
返済を計算して、金利と返済を見直したいのですか可能でしょうか。

最後に強引に預かると言って抑えられた額を計算したら元金はない計算になりましたが
過払い金のような請求をすることも可能でしょうか?


ご覧頂いた先生方へ
お忙しいところお世話になります。聞きたい要点は以下です。
1、合意の元、月利8%の金銭消費貸借契約を交わしましたが利息制限法に則り年利20%に見直し可能でしょうか?
2、向こうが強引に留保として預かった僕の月の利益分は返済していると見立てて計算可能でしょうか
3、「元利均等返済」、「元金均等返済」等よくわかりませんが、利息が月8%のため全然元金が減りません。返済期限も回数も取り決めがないため、こちらに有利な方で計算可能でしょうか?
4、上記計算が可能な場合、個人間でも過払い金請求のようなことは可能でしょうか?


お忙しいところ大変申し訳ありませんがご回答よろしくお願いいたします。
b4_a85fさん
2018年05月31日 03時59分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
> 1、合意の元、月利8%の金銭消費貸借契約を交わしましたが利息制限法に則り年利20%に見直し可能でしょうか?

20%というのは10万円未満、借りた場合です。
仮に10万円未満を前提にすれば、20%を超える部分は無効となります。

> 2、向こうが強引に留保として預かった僕の月の利益分は返済していると見立てて計算可能でしょうか

20%を超える部分は返還請求できます。

> 3、「元利均等返済」、「元金均等返済」等よくわかりませんが、利息が月8%のため全然元金が減りません。返済期限も回数も取り決めがないため、こちらに有利な方で計算可能でしょうか?

有利なというのがよくわかりませんが、正当な利率(20%)で引き直したもので考えればよいと思います。

> 4、上記計算が可能な場合、個人間でも過払い金請求のようなことは可能でしょうか?

はい。

2018年05月31日 04時18分

この投稿は、2018年05月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 金銭消費貸借契約の返済されないのですが。

    金銭消費貸借契約を数回に分けて、行いました。私が貸主です。返済が遅れている契約書もあります。また、この契約書は相手側が作成したもので、わたしには、デメリットしか書いてありません。近々、全額返済をしますとは言ってはいますが、その前に一枚の金銭消費貸借契約書に書き直しましょうと、言われていますが、1枚に書き換えても...

  • 金銭消費貸借契約で返済がないのですが

    知人に800万円を貸し付けました。 月々50万円ずつ返済してもらう約束だったのですが、 2回(100万円)を返済したところで次の月から返済がなく、 連絡も取れなくなってしまいました。 金銭消費貸借契約を結んでおり、公正証書にもしてあって執行文も付いています。 ただ、相手の資産については何も調べずに貸してしまったため...

  • 個人間の金銭消費貸借契約について

    知人に360万円(元金)を貸付しています。金銭消費貸借契約書(相手を信用し、連帯保証人をつけませんでした…)を交わしていますが、返済期限になっても支払いがありません。催促には返済の意思は示していましたが、平成27年7月に2,000円のみの返済があったのみでその後一切ない状況です(契約は平成27年6月下旬に締結)...

  • 親子間の金銭消費貸借契約書について

    親子間の金銭消費貸借について教えて下さい。 ①貸付日について、契約日と異なる先日でもよいのでしょうか?例えば、契約日の先日で、貸付の実行は、〇年〇月〇日迄に貸し付けを実行(振込)をするという契約は有効でしょうか?それとも契約日に貸付実行の証跡が必要でしょうか? ②返済期間は長期に亘ります。平成はもう終了が見えてま...

  • 親子間の金銭消費貸借契約書について

    親から子どもがお金を借りるにあたり、金銭消費貸借契約書をしたいと思っています。 質問は、2つです。 1つ目は、返済方法として、初回の返済は、1年後に○○円。 2年目からは、毎月○○円。 利息分は、最後の返済時に、まとめて支払うという内容で、契約書を作ることは、法律上、可能でしょうか。 2つ目は、利子についてです。...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。