金銭消費貸借契約に伴う債務額の残額違いの主張について

平成10年11月21日100万円を借り受けた。契約書の締結日は、平成10年12月23日。毎月年4.15分の利息を月末に支払うことになっていた。(月々6139円)
平成15年9月25日に債権が譲渡され、同年11月4日に内容証明にて債権譲渡通知書が届いた。その際、債権の表示に平成15年10月末日付けの元利残金の表記が111万1159円とありました。

そのまま特になんら意思表示をしないままだったのですが、今更ですが、この借金が気になって、よくよく計算すると残金が違うように思えてきました。この金額の根拠や金額の違いについて、確認したいのですが。。。。

この場合、そもそも今からでも主張できるものでしょうか?相手は、譲受人になるのでしょうか?
時効等でこのまま受け入れざるを得ないのでしょうか。
可能な場合、正しい残金の算出方法や主張の仕方は、どこに相談するのが一番確実ですか。
2013年08月02日 08時33分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
この金額の根拠や金額の違いについて、確認したいのですが。。。。

根拠は出してもらえるでしょう。

相手は、譲受人になるのでしょうか?

譲受人にいえばいいでしょう。

時効等でこのまま受け入れざるを得ないのでしょうか。

受け入れるというか,相談者が消滅時効の援用の可能性があるのではないでしょうか。

2013年08月02日 08時39分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
債権譲渡の通知が届いて以後,全く支払いをしていないのであれば,消滅時効が完成している可能性が高いと思います。
消滅時効が完成しているとすれば支払い義務がありませんので,正確な債権額を確認することはさほど実益がありませんし,貸金業者へ問い合わせを行った結果,誘導されて支払い義務があることを認めるような言質を取られるおそれもありますので,淡々と時効援用を行うのがよいと思います。

2013年08月02日 08時57分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
ありがとう
債権の譲受人は貸金業者かサービサーでしょうか。
そうであれば
これまでの取引履歴を出すように求めれば
これまでの借り入れと返済額、年月日を出してくれるので
それに基づき計算しなおしてみたらよいと思います。

2013年08月02日 09時31分

相談者
お答えいただきありがとうございます。説明不足があったと思いますので追記します。
内容証明で、債権者より債権譲渡通知書が来ました(平成15年11月4日)、11月5日に通知書と題して、譲受人から内容証明にて譲受通知と振込先の記載がありました。その記載先に、前の債権者と同様の額(月々6139円)を、平成15年11月より現在まで振り込んでいます。
今後のことを考えるために、文書や内容を確認したところ、譲受人からの金額がちょっと違うのでは?と思いお聞きしています。

債権者及び譲受人は、ともに不動産業で金融業ではありません。

2013年08月03日 17時32分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
例えば,あなたの返済が1日程度でも支払いの遅れがあった場合,債権者がそれを理由として遅延損害金を加算している可能性があります。貸金業者でない場合は取引履歴の開示義務が当然にあるとまではいえませんが,不動産業者であれば貸付金の管理も一応やっていると思いますので,現在残高の計算根拠を問い合わせてもよいのではないでしょうか。
また,貸金業者でない場合はいわゆる信用情報(ブラックリスト)に影響が出ないと思われますので,あなたの考える残高と債権者主張する残高にかなりの差がある場合は,弁護士へ依頼して残高の確認と今後の返済について交渉してもらうことも検討すべきではないかと思います。

2013年08月03日 21時31分

弁護士A
ありがとう
譲受人からの金額がちょっと違うのでは?と思いお聞きしています。


それは相手も事業者ですから,根拠を出してもらってください。
相談者が支払っているのであれば,時効はなさそうですね。

2013年08月04日 05時28分

この投稿は、2013年08月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,798名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 債権譲渡譲受通知書がきました。

    債権回収株式会社から債権譲渡譲受通知書がとどきました。 最終貸付日平成21年8月27日 最終貸付後残高499.660円 貸付契約に関し貸金業者が受け取る書面 なし ときました。 契約は平成16年5月25日 最終入金日平成22年9月1日 期限の利益を喪失した日平成27年9月15日 債権譲渡日平成27年9月15日 債権額の内訳 元金130.374円 ...

  • 債権回収会社から減額提案書

    債権回収会社から、減額和解のご提案と書かれたものが届きました。 貸付日平成19年7月24日。 当初貸付金額200.000円。 債権譲渡日平成25年6月27日。 譲り受けた債権額983.780円。 現在残高1.163.069円。 期限の利益喪失日平成25年6月27日。 旦那が、結婚する前に借金してたみたいです。 一括返済か、分割返済でいくらかの減額と...

  • 準備消費貸借契約の返済期限について。

    当方、法人で債権者です。 準消費貸借契約に基づき公正証書を作成、不動産の抵当権設定済みです。 未払工事金1200万円をH26.5月~27.2月まで計10回120万円を分割で支払うという契約ですが5月に515万円、6月に20万円返済しています。7月分を支払うのが厳しいらしく、来年の2月までは猶予があると主張していますが本当なのでしょう...

  • 駐車場代代金未納の遅延損害金の計算方法:誓約書の分割払い不履行の時、入金額の充当優先順位は?

    2013年11月末に駐車場未納金116万円ありました。その時点で下記のような誓約書を書いて貰いました。「2013年時点で未納金116万をあることを認める。今後の駐車場代12500円/月とは別に上記116万円の未納金を毎月末27500円/月の42回払い(2013年12月のみ32500円)で文納する。即ち。現在賃貸中の12500円に上乗せして毎月4万円(2013年12...

  • 建物明け渡し等請求事件の保証人

    昨日4月19日に「第一回口頭弁論期日呼出状及び、答弁書催告状」が届きました。 私が、姉の連帯保証人になっている為です。 以下、簡略ですが内容です。 訴訟物の価額:金217万4852円 貼用印紙額:1万6000円 第1 請求の趣旨 1)金47万1774円及びこれに対する本訴状送達の日の翌日から完済まで年5分割合による金員 2)平成24年3月...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。