200万円借金の過払い利息の返還分の計算について

10年位前に200万円を消費者金融から借り、完済しましたが、この利息が年24%でした。
利息だけ60回払いで、最後に元金を返す契約でした。

途中で任意返済をして、期間を短縮しました。
この場合の過払いの利息で返還請求できる分の計算方法を質問します。

業者に支払った額が、250万円位とした場合、
50万円の利息を支払った考えますが、
その場合、
利息制限法の適用法を教示下さい。
100万円以上は15%以上を返還請求できるとのことですが、
一方、10万円以上100万円未満分は18%とのことです。

2年で払い終わったとした場合、下記のどれでしょうか?

1.100万円以上、200万円の元金に対しては、15%以上の利息を返還請求できる。
  残りの100万円未満分に関しては10万円以上分まで18%以上の利息を返還請求できる。
  10万円未満分は、20%以上分に関して過払い請求可能。
  
  返還請求可能額の計算:
  50万円×(0.5×(24-15)+0.45×(24-18)+0.05×(24-20))/24=15.41万円

2.100万円以上の元金ならば、全てに関して15%以上分を過払い請求できる。

  返還請求可能額の計算:
  50万円×(24-15)/24=18.75万円
2015年04月02日 15時05分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
2.100万円以上の元金ならば、全てに関して15%以上分を過払い請求できる。

という方が正解です。
1.のように細かく分けて請求するわけではありません。

2015年04月02日 15時11分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
ありがとう
2.100万円以上の元金ならば、全てに関して15%以上分を過払い請求できる。
の方が正しいです。

貸金業者から取引履歴を取り寄せて
実際に計算して、
請求すればよいと思います。

2015年04月02日 15時23分

弁護士B
ありがとう
1も2も不正確だと思います。
実際の過払い金は、何年何月何日にいくら返したかによって変化します。まとめて計算できるわけではありません。また、過払い金に利息が付くという考え方を採用すると、その計算も必要です。弁護士は専用の計算ソフトを使っています。市販の本にも付いているものがあるやに聞いています。

2015年04月02日 17時53分

相談者
弁護士A様

回答ありがとうございます。
お答えですが、確認します。
消費者金融業者に完済した全額から、元金を引き算すれば、
差額が利息となると考えます。
そして、これは、業者が24%の利息として、計算した分に当たり、
期間が完済までの期間が短ければ、支払利息総額は
少なくなりますが、
24%分であることには変わりありません。

そうすると、24%分の利息に対応した金額であることには変わりなく、100万円以上の元金ですから、2.の計算で、
業者に返還請求できる額は、過払い分(24-15)=9%分であり、
その計算は、50万円×((24-15)/24)=18.75万円
で、よく、2.の計算方法でとりあえずはよいと考えるのですが、
そして、その返還請求分に関しての利息請求は、
返還請求した時から、とりあえず計算すればよいのでは
ないでしょうか?

ただ、この点は、「損害が発生した時から」ということで、
「過払い分を受領した時点からの利息計算となる」のでしょうか?

以上、誤り等あればご指摘ください。

2015年04月02日 19時52分

弁護士B
ありがとう
引き直し計算と言いますが、もう少し複雑です。
返済の度に、制限利息超過分は元金に充当されますから、元金自体が減るのです。次の制限利息は、減った元金をもとに計算しますから、より多くの額が元金に充当されることになります。
これを繰り返すので、過払い額はもっと大きくなります。
そして、過払い金に対する利息は、発生(の翌日)から計算します。

2015年04月02日 23時13分

相談者
弁護士A様

詳細な追加説明回答、どうもありがとうございました。
Excelで計算式を作り、後、大体毎月の返済額で、
元金が減っていく様をシミュレーションすれば、
計算できるとわかりました。
ありがとうございました。

2015年04月03日 10時08分

相談者
弁護士A様

追加で確認します。
返済者は、過払いの翌日から過払い分に関して
返還債権をもつという理解でよいのでしょうか?
すると、この債権(損害賠償債権又は不当利得返還債権)に
関して、5%の利息を含めて計算することになるのでしょうか?
その分を逆に業者に請求する。
つまり、
「過払い分の請求とは別に、この過払い分の利息合計を
合わせて請求できる」ということでしょうか?
「利息分は、業者が返済に応じなければ、時間の経過とともに
どんどん増えていく」という理解の点です。

2015年04月03日 10時35分

弁護士B
ありがとう
> 「利息分は、業者が返済に応じなければ、時間の経過とともに
> どんどん増えていく」という理解の点です。
そういう理解でいいと思います。
実際の交渉では、利息満額までは受け取れないことが多いですが。

2015年04月03日 13時40分

相談者
弁護士A様

ご対応いただき、よくわかり大変感謝いたします。

2015年04月03日 14時17分

この投稿は、2015年04月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 請求債権目録の書き方

    民事調停判決後、債務者から毎月末10万円の返済が滞り給与の差押を行うつもりです。 請求債権目録の記載の仕方が分かりません。債務者は40万支払済みで残120万5000円です。滞りなく支払われていた場合は150万で残りは免除という約束でしたが2ヶ月で20万以上滞ってしまったので全額160万5000円の支払義務があります。 この場合、元本 ...

  • 支払い督促における請求額について

    支払督促の手続きを行う予定です。 以下の場合、遅延利息分を合わせていくら請求できるのかを知りたいと考えております。 *特に毎回、数ヶ月遅れて毎月の金額が返済されておりますが、遅延利息が加算されず返済されており、初回の返済金がマイナスなので、元金が減るのかどうかがわかりません。 (例) 貸し付け金:300万円 ...

  • 借金の利息について

    60万円を貸し、利息を年利18%と定めました。 月々6万円返済、10ヶ月後には全額返済の決まりです。 この場合1年以内に返済は終わる予定ですが、年利はそのまま計算してもいいのですか?1年間つまり12ヶ月間での利息が18%となるため、1年以内に返済すると分かっているのに、そのまま年利で計算していいのか分かりません。 この場合60万...

  • 親族間の借金、利息の計算などについて

    姉妹での貸借、滞納について相談です。 前提:貸借をした時点では細かい取り決めはなく、借用書などはありません。 今まで毎月一部の返済でいい加減清算したいと思い話し合いの場を持ちました。 姉は借りた分と利息を返すと言っていますが、細かい取り決めをしていなかったのでもめています。 ・親の介護費毎月15,000円の未納が6...

  • アコムとの和解について。この条件での和解は可能でしょうか。

    東京簡易裁判所から請求が届きました。 貸付金合計額が920,000円、利息・損害金の合計額が337,110円、支払済みの額が826,000円、残額が431,110円(残元金291,940円、残利息・損害金139,170円)です。 最終支払日は23年7月8日。 主人が自営業を辞め転職したため月収が減り支払が滞っている状態です。 月々2万円程度の返済であれ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。