1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 契約・借用書
  4. 業務上の賠償責任を個人で解決したい

公開日:

業務上の賠償責任を個人で解決したい

2020年01月24日
業務上のミス(著作権侵害)で賠償請求をされました。自分の犯したミスで勤めている会社に迷惑を掛けたくないので、個人的に返済を考えております。返済計画を立てて承認をもらい、振り込みをし、振り込みの記録を残すことで解決できるでしょうか?
相談者(886656)の相談

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
そこまですれば解決するでしょう。

2020年01月24日 14時11分

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
個人的に返済するのがいいのかをそもそも検討すべきように思います。従業員として仕事をしている家庭でミスは起こりうることでそれはやはり第一次的には会社に報告しつつ会社が損害も含めて対応するのが原則だと思います。
具体的にまずは弁護士に面談して相談してみてはどうでしょうか。

2020年01月24日 14時12分

相談者(886656)
ご回答ありがとうございます。おっしゃることはごもっともだと思っております。
しかしながら、(弊社に落ち度が無い)いろいろな方面でトラブルが続いており、小さな会社なので負担が大きいのです。自分にとってとても大切な会社なので、大変な時期に迷惑を掛けたくないというのが実情です。

2020年01月24日 15時15分

この投稿は、2020年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,524名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

仕事上のミスで会社に損害を与えた場合でも賠償しなくてもよいケース

仕事上のミスで会社に損害を生じさせてしまい、会社から賠償を求められても、必ずしも応じなければならないわけではありません。賠償する場合でも、損...

業務上横領などの示談金相場と損害賠償や慰謝料について

会社のお金を着服するなど、横領事件が発覚した場合には、当然ながら横領した金額をすべて返済する必要があります。また、横領したときから時間が経っ...

他社ブランドの衣服をリメイクしてプロモーションビデオに利用することは著作権侵害になるのか?【弁護士Q&A】

自社製品のプロモーションビデオや広告をつくるとき、他社ブランドの衣類やリメイクした他社製品をモデル着用させることは、著作権や商標権の侵害にな...

この相談に近い法律相談

  • 行政関係機関への賠償請求

    行政から委託されている法人とトラブルになり、起きたことに対する賠償請求も考えていると伝えたところ、公的資金に近いお金だから簡単には払えない、と言われました。 実際、その法人は行政からの金と寄付金などが主な資金源らしいのですが、この先、裁判となった場合、一般的な民間相手と比べて賠償金が低くなってしまうなんてことが...

  • 委託スタッフの不法行為による損害を請求元そのものに賠償を求めたい

    あるテレビ利用料の契約や集金においては請求元の会社から委託を受けた法人又は個人が訪問を行っています。 こうした受託者と思われる者が我が家にやって来て契約を迫ってきたのですが、我が家は ・TVがない(PCのモニターしかない、もちろんチューナー非搭載。放送はラジオのみ聴取) ・使用している携帯電話端末ではワンセグは...

  • 不適法で、契約違反の委任業務に対する損害賠償請求について

    ある行政手続きを業者に委任しました。 ところが、法令上の責任者Aが知らない(事実かどうかは別)ところで、 勝手に部下である社員Bが、無断で申請内容を変更していたそうです。 私には、事前にも事後にも報告はありませんでした。 しかも、修正内容に当該国家資格保有の責任者Aが押印しているのですが、 無断変更に気が付かなか...

  • 事業中断による損害賠償請求

    私、個人事業主という弱い立場ですが 相手企業側の過失により発生した事故で、現在、私が正式な債権者となっております。 具体的に債務者の過失が原因で事業中断となり企画の進行に大きな損失が出ており、運営が中断している想定期間の3ヶ月を損害予定で算出しております 原因は交通事故なのですが休損で自賠責調査中です...

  • 財産上の損害

    会社に了承を得ずに退職挨拶ハガキを出したことから起こったクレームに対して、財産上の損害賠償請求は可能でしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

契約・借用書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。