5年以上前の借用書がない親戚間の借金の返済について

親戚間でお金の賃貸借でもめており、これ以上もめた場合は訴訟という状況です。
下記の状態の借金に督促の権利や返済義務やはあるでしょうか?

1.借金は5年以上前のもの
2.借用書はなし
3.現金手渡しのため貸した方の振込等の履歴なし
4.貸した方、借りた方ともに自分用のメモはある
5.貸した方、借りた方の間に貸借した金額に認識差あり
6.貸した方、借りた方の間にこれまでに返済した金額に認識差あり
7.返済した方は一部、給与天引きであったが履歴なし
(同族経営の会社で会社は解散済み。給与明細の保管なし)
8.借り方が認識している金額の返済は3末で完了する。
(完了するよね?と確認したところ、まだ数百万残っていると貸し方から宣告された。)


以上

見解を頂戴できると助かります。
よろしくお願いします。
asy45681さん
2015年03月14日 02時10分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
弁護士が同意2
ありがとう
裁判になると貸したほうが一定金額を貸し付けたことを立証する必要があります。
借用証がなくてもその他の証拠から立証できる場合もあります。
また,返したこと(弁済の事実)については,借りたほうが立証することになっています。

2015年03月14日 02時16分

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
1 消滅時効が成立していないという意味では、あまり問題のない事情だと思います(ほかにも証拠の散逸等あるかもしれませんが)。

2 立証の点で困難が生じます。

3 同上です。

4 金銭消費貸借契約が成立していたことの証拠となる可能性があります。

5 重複する金額の限りで請求が認められる可能性があります。

6 重複する金額の限りで返済の事実が認められる可能性があります。

7 立証が困難になる可能性があります。

8 上記5,6によるかと思います。

以上まとめると、金銭消費貸借契約の成立についてはメモが証拠になるかもしれません。同契約が成立しているとして、金額の際については、貸し手については貸した額が少なく認定される可能性が高く、借り手については返済した金額が少なく認定される可能性が高いと思います。

2015年03月14日 02時16分

asy45681 さん (質問者)
原田様、小沢様
ご回答ありがとうございました。
何が立証できて、立証できないのかの整理を始めるところから着手したいと思います。
最初の一歩が明確になり助かりました。
お礼申し上げます。

2015年03月15日 10時54分

この投稿は、2015年03月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 債権の回収の期限など

    今年離婚した元夫が、元妻の母親に借りている借金について。百万単位のお金を元夫(借金をした当時は夫)が元妻(当時は妻)の母に借りています。10年以上経っていますが借用書は存在します。「○○○円を借り入れました。返済は随時、その期限は特に定めません」、というような内容のものです。随時返済、返済の期限は定めないとは書いて...

  • 個人間の借金の消滅時効についての質問です。

    個人から複数回、それぞれ別の案件で借金をした場合、時効は個別の借金ごとに異なるののでしょうか? 具体的には、 A:10年以上前に、金融機関への返済に必要な額を借り入れた。 B:8年前に、生活費として、必要な額を借り入れた。 何れも、同一人物からの借用で、借用書無し、返済期日無しです。 Bの借金に関しては、最後に返済し...

  • 借用書の効力と利息と遅延損害金について

    借用書には貸した日付と金額。借りた人の自署と捺印しかありません。返済期日を定めなかったので、返済期日を記載し一括で返済するように、内容証明を送りました。 返済期日後に2回ほど少しだけ返済がありましたが、今も返済ありません。 法定金利と遅延損害金の発生がしていると思いますが、法定金利と遅延損害金は別な物になるので...

  • 借用書の内容変更について

    2月に弟にお金を貸し、借用書を作成しました。 内容は、金額・返済期限・返済方法・利息・破産した場合は・・です。 6月から給料日に5万円ずつの返済として、振込されております。 弟は会社への借金返済のために必要でした。 しかし先日、弟が新車を購入しました。 新車購入のローンを組めたなら、私から借りる必要がなかっただろ...

  • 借用書の貸主が死亡した際の返済期限

    借用書にて個人(身内)間で1000万円貸借したとします。一年後に一括で利息も含めて返済するとしていたとして、仮にその途中で貸主が亡くなった場合は、返済期限はどうなるのでしょうか? 遺産相続した人から借主に請求があれば、即時返済が必要になるのでしょうか? それとも、借用書に記載の通り、一年後の返済でOKとなるのでしょ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。